写真週刊誌に撮られるローンチ屋

川島和正のパーティにて

妻「森下悠里」

ここがポイント

  • 偽名説もある謎多き人物
  • M氏案件のローンチは常に炎上
  • 森下悠里から逆プロポーズされた

目次

ネットビジネス界の重鎮の一人「村上直哉」は情報商材・高額塾のプロモーターで「パンダ渡辺」「蝶乃舞」「泉忠司」「松宮義仁」「藤沢涼」「半田やすひろ」「白石達也」達のローンチは大体村上直哉がポロモーターを務めていて「M氏」案件と陰で呼ばれていた。

「村上直哉」はビジネスネームで本名は「浦野直哉」という説もあるが、画像を見る限り別人だ。「浦野直哉」は「蝶乃舞」の「AMAS蝶乃塾」の主任講師だった。「浦野直哉」の携帯アフィリエイトノウハウを配信する無料メルマガのタイトルが「村上レポート」だったようだが、それだけで「村上直哉」=「浦野直哉」と言うのは無理がある。「村上直哉」が「浦野直哉」の経営する「株式会社コーメイ」などで一緒に携帯アフィリエイトに従事していた可能性はある。

ちなみに「AMAS蝶乃塾」の初心者向けマニュアルの執筆、PC技術サポートを担当していたのが「パンダ渡辺」だ。M氏案件の人脈はこのころから続いているようだ。(蝶乃塾1期は2007年~)

「村上直哉」は情報商材ASP「インフォスタイル」の創設に関わっていたという説もある。インフォスタイル創設者は「本庄祐也」で弟と共に経営者として組んで「インフォスタイル」を立ち上げたという事になっている。本庄祐也とその配下の一団は本庄グループと呼ばれ、。本庄祐也は「インフォスタイル」閉鎖後「アドモール」というASPを立ち上げたが、両方とも詐欺ASPとして評判は散々だった。その後「本庄祐也」が前代表取締役を務めていた株式会社YuchanGooDが総額4億円強の脱税容疑で東京国税局により告発された業界ではなかなかの有名人だ。

「村上直哉」が表には出ず「インフォスタイル」「アドモール」などに参加していた可能性はあるが、すでにサイトは閉鎖されてしまい裏を取る方法も無い。「村上直哉」は表に出たがらないタイプなのかもしれないが、グラドル「森下悠里」との結婚で一気に表舞台に引きずりだされることになるのは皮肉な話だ。

佐藤ひろひで」の「Loopアフィリエイトセンター」、「斉藤和也」の「ラストランプアフィリエイトセンター」、「チーム鬼神」、そして「M氏案件」、この4大プロモーターがプロダクトローンチ業界をでは絶大な勢力を誇ってきた。

「M氏案件」は。M氏こと「村上直哉」が表に出ないため共通点が見つけにくいうえに、「パンダ渡辺」「蝶乃舞」「泉忠司」「松宮義仁」と言った常連メンバーの個性が強烈すぎるのだが、俯瞰してみると振り切れ方、徹底的に「金を集めること」に集中したキャンペーンが共通点と言えるだろう。

金さえとってしまえば、購入者がどうなろうと関知しない。情報商材屋はそこまで割り切って初めて情報商材屋であり、中途半端な覚悟ではできないと言わんばかりの守銭奴ぶりには鬼気迫るものを感じる。

「無料と言って集客し結局30万円の高額塾」「稼げると言って稼げない」「返金保証と言って返金しない」と言ったお決まりのパターン。詐欺的情報商材・高額塾の悪のすべてがある。

 

自分の顔と名前を出して豪快な詐欺的自己ブランディングで詐欺的情報商材・高額塾をプロダクトローンチで販売する業界にあって、顔を出さず裏方に徹するイメージが強いM氏(村上直哉)が一躍時の人になったのがグラドル「森下悠里」との結婚で、同業者の誰よりも目立ってしまったのは皮肉な話だ。

「森下悠里」は結構生活をエンジョイしているようで、誕生日にフェラーリをもらったと鍵の画像をSNSにアップしたりするものの、「村上直哉」の画像が出る事はない。2017年6月8日に結婚した二人は、森下悠里によると10年来の友人で2016年末から付き合いはじめたという。

 

 

M氏案件の炎上ぶりが全て。共犯者と言ってもいいだろう。

口コミ評価分布

1.00 3件
非常に良い
0%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
100%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(3)

r
r

r


おまえらはしょうざいやだなwww

名無しの鉄人
名無しの鉄人

最近M氏の名前を聞かないね


ローンチからは手を引いてるのか?業界がクリーンになっていいな。

名無しの鉄人
名無しの鉄人

森下悠里好きだったわ


よりにもよってこんな奴と結婚してたのか…

トップへ戻る