普通

和佐大輔・木坂健宣のネットビジネス大百科2登場!今度は無料に!!


2.5 28件
株式会社ICC| ネットビジネス大百科2| | 神戸市東灘区田中町1-7-23 サンローゼ本山ビル301

あの大百科が復活!

気になる内容は?

若きカリスマ・和佐大輔

ここがポイント

  • 日本一売れた情報商材の続編が無料で登場!
  • 月額2000円「和佐・木坂サロン」も21日間無料!
  • 内容は情報起業家向け、サロンは人を選ぶかも?

目次

ネットビジネス大百科 とは、スマホも無く電話回線でインターネットに接続していた黎明期のネットビジネス業界で頭角を現したインフォプレナー(情報起業家)和佐大輔と、まだ発展途上だった日本のインターネットマーケティング業界にアメリカから当時最先端のマーケティング手法やコピーライティング技術を持ち込んだ木坂健宣によってリリースされた、インターネットマーケティングの普遍的原理が解説された伝説的情報商材だ。

2007年春にリリースされるや否や、猫も杓子もネットビジネス大百科を買い求め、累計5万本以上が売れて日本一売れた情報商材と言われている。その伝説的情報商材が12年の時を経て「ネットビジネス大百科2」へと生まれ変わった。しかも、今度は無料という大盤振る舞い、何と言ってもタダなんだから手にしない手はない、というわけで、果たしてどんな副業の役に立つのか?【副業の鉄人】が検証するぜ。



パクるバカが続出したネットビジネス大百科のLP


ネットビジネス大百科は、

「爆発的に売れるものを2時間以内に見つけ、48時間で商品を完成させる」
「読んだ人がお金を払わずには夜も眠れなくなってしまう強烈なセールスレターを一週間で書き上げる」
「100万円の売り上げを、コストをほとんどかけずに一気に1000万円に拡大する」
「各業界での成功事例からノウハウ、テクニック、そして成功要因を“合法的に”盗み取り、自分のビジネスに活かす」

と言ったタイトルの音声教材(動画ではなく音声というのが時代を感じるぜ、なお、書き起こしPDFまでついてる)合計再生時間実に15時間にも及ぶ大作だった。内容は和佐大輔やそのコンサル生の実体験による情報起業ノウハウ、木坂健宣による当時最先端かつ実際に和佐や木坂が使って結果が出ているコピーライティングテクニックが惜しみなく披露されていた。

価格は1万円ぽっきり。しかも、ネットビジネス大百科はインフォトップのアフィリエイト報酬が8800円+2ティアコミッション200円+決済手数料880円+トランザクションフィー100円=9980円と設定されていたので和佐と木坂は全然儲からない設定にしてあった。

逆に、ネットビジネス大百科を紹介するアフィリエイターは、インフォプレナーとして情報商材を作らなくても大百科売れば8800円も儲かるうえに、どう考えてもほとんどのアフィリエイターやインフォプレナーは大百科以上の情報商材を作れないのでアホほど紹介された。結果、ネットビジネス大百科は累計5万本以上が売れる大ヒット作になったのだ。

もちろん、和佐と木坂はボランティアでやってるわけ無いので、決済直後の購入者にはバックエンド商品が紹介され、その売り上げにはアフィリエイト報酬が出ない設定になっていた。フロント商品購入直後はバックエンド商品が最も売れやすい、売れなくても購入者リストが手に入るのでクロスセルもかけられるという仕組みで、今でも同じようなマーケティング手法をとるインフォプレナーは多い。
無料の動画の視聴でリストを集めるプロダクトローンチもプロモーション手法が大きく異なるだけで基本構造は変わらない。

そんなわけで、ネットビジネス業界に多大な影響を与えたように見えたネットビジネス大百科だが、10年たっても和佐大輔の情報起業ノウハウを使うインフォプレナーより「仮想通貨ICO」みたいな詐欺まがいの情報商材は幅を利かせている現状には変化が起きていない。木坂健宣のコピーライティングテクニックは数多くのマーケッターに影響を与えたが、情報商材詐欺師には何の影響も与えなかったようだ。

ネットビジネスと呼ばれるビジネスは、情報起業以外にもアフィリエイトやネット転売などいろいろあるが、ネットビジネス大百科はインフォプレナー(情報起業家)の為の情報商材という色合い強い。もちろんほかの分野にも応用が利くノウハウだが、応用は基本が出来ている人間にしかできない。

アフィリエイトにしろ転売にしろ、独自のノウハウが完成し、人より優れた実績が出来て始めてそのノウハウを販売できる。【副業の鉄人】で副業に関する情報を集めている人は、その域に達していない人が多いはずなので、ネットビジネス大百科の音声教材を聞いても「為になるいいお話を聞いて賢くなった気分が味わえる」だけで終わるだろう。

前作も販売者に利益はほぼゼロだったものの、1万円の低下がついていた上に返金保証がついていた。内容的にどんなに優れていても「使える制度はすべて使わなくては気が済まない」人もいるので、一定数の返金請求は発生しただろう。返金されると利益がほとんど出ていない和佐大輔・木坂健宣らは持ち出しで返金しなくてはいけなくなる。返金でプラマイゼロではなくほぼ1万の赤字だ。他で儲けているとはいえ、つまらないコストなので無料は当然の流れだろう。

僕ら(和佐・木坂)は昔から常々、コンテンツはいずれ無料化すると、言い続けてきました。つまり、

「人々が“コンテンツに”お金を払う時代は終わる」と言い続けてきたのです。

という彼らの主張からも自然な流れかもしれない。

そして、これは集客についてアフィリエイターに依存しない事を表している。無料のネットビジネス大百科2で集客し、月額2000円の「和佐・木坂サロン」へ誘導する。このサロンも21日間無料で有料になる前に自由に退会できるが、価値を感じる層は残り課金するだろう。

月2000円払ってでも和佐大輔と木坂健宣の話を聞きたいという層なので、何らかのバックエンド商品があれば購入率は高いだろう。こうして広告費をかけずに質の高いリストが集まり、そこから更に濃いファンがスクリーニングされていくわけだ。

実際ネットビジネス大百科2のLPの中で、和佐は自分の会社の広告費が年間700万円程度まで減っているが、売り上げは2億円以上上がっていて、利益率が上がっているとしている。広告費はほとんどがフェイスブック広告でTwitter広告が少々、アフィリエイト報酬は全く払っていないという。

ネットビジネス大百科1と2の間の10年余りでネットビジネスが大きく変わっていることが伺われる。

ネットビジネス大百科2は、以下の7つのセミナー動画からなる。

  1. ビジネスの本質(概論)
  2. マインドセット
  3. コピーライティング
  4. マーケティング
  5. コミュニティ化
  6. 集客
  7. マネタイズ

音声から動画に進化したが、音声に書き起こしPDFがついてきたように、動画にも音声ファイルという下位互換の復習用コンテンツがついてくるあたり流石だぜ。これなら移動中に復習したい熱心な信者も納得だ。

総再生時間が1同様10時間を超える大作で、これを無料で出されたら他の情報起業家が困りそうだが、考えてみたらYouTubeなどで無料でコンテンツを提供している起業家は珍しくないので、「人々が“コンテンツに”お金を払う時代は終わる」という和佐・木坂の主張は情報起業の分野ではすでに「その時代になった」のかもしれない。


一方、月額2000円とはいえ有料の「和佐・木坂サロン」だが、

  • 不定期のオンラインセミナー
  • 対談音声の配信
  • ゲストを呼んでトークショー

など、具体的にこれからの時代を生きていく上で「役に立つ情報」のほかに

  • 毎月のライブ配信
  • Q&A
  • 公開コンサルティング

などの、インタラクティブ性の強い企画

  • 和佐・木坂体験談
  • 和佐・木坂旅レポート

など、和佐・木坂が普段体験していることをシェアするような企画といったコンテンツがあるようだ。

副業の鉄人も早速潜入して、木坂健宣の筋トレ動画を視聴したが素晴らしい内容だった。副業は体が資本、そういう意味では「ネットビジネス大百科2」は副業にも役立つといえるぜ。

ネットビジネス大百科の和佐大輔・木坂健宣といえば10年前ならネットビジネス業界で知らない人はいない重鎮中の重鎮だったが、発売から12年以上たった上に、二人ともアフィリエイターに頼った集客をしなくても、低コストで集客できるようになってしまったため表に出なくなってしまい、最近では業界に居ても知らないという人がいても不思議ではないだろう。


和佐大輔は、12歳の時に事故で首の骨を骨折して首から下が動かない重度障害を負ってしまうが、16歳の時にインターネットビジネスに出会い、17歳で起業して1年で年商1億円のビジネスを作り上げた。音声入力なんてない時代に口で割り箸を加えてキーボードをたたいていたという苦労人だ。


木坂健宣は、大学在学中にアメリカの最先端のマーケティングをアメリカの超一流コピーライターから直接学び、、独自の英語学習法を教えるビジネスをスタートさせ大ヒットさせたのがマーケッターとしてのルーツだ。ちなみに当時のハンドルネームはなぜかKENZOだった。


二人ともあまり詐欺師とか言われないタイプなので、【副業の鉄人】としては叩き甲斐がないので苦手なタイプだぜ。

無料だし、貰っとけばいいという意見もあるけど、ほとんどの副業には役に立たないので時間の無駄になる可能性が高い。あの5万本以上売れたネットビジネス大百科でさえ1万円も払ったにも拘らず無駄にした奴が4万人以上いるだろう。まして無料だったら真剣に勉強するだろうか?

本気で情報起業に取り組む気がある奴か、情報起業以外の自分のビジネスに応用できる自信がある奴以外はスルーすればいいだろう。

口コミ評価分布

2.50 28件
非常に良い
25%
良い
4%
普通
18%
悪い
4%
非常に悪い
50%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(28)

匿名
匿名

>コロナのセミナー


健康セミナーも有ったから木坂氏のセミナーにしては1万円はお得では?まあ、オンラインだったから安かったのかもしれないけど。

匿名
匿名

コロナのセミナー


木坂氏のコロナのセミナーに興味があるんだけど、お金払うほどではない。

匿名
匿名

サブスクの罠


大百科2目当てで和佐・木坂サロンに入ったんだけど、解約するの忘れて1か月経っちゃった。仕方ない、もう1か月付き合うよw

匿名
匿名

和佐・木坂サロン


小田・新田より和佐・木坂の方が面白い。古神道×西洋錬金術も興味あるけど、和佐・木坂サロンも木坂が必ず斜め上を行く事をやってくれると思う。

匿名
匿名

>>みんてぃあ


みんてぃあよりこっちの方が面白い

匿名
匿名

みんてぃあ


次は新田祐士のネクストディメンジョンを検証してください。

匿名
匿名

上級者向け


大百科2は既にコミュニティを持ってる人向けの教材。和佐木坂サロンというコミュニティに参加しても自分のコミュニティが出来る訳ではないので上級者向け。既に集客力を持ってる人にはいい教材かもしれない。

匿名
匿名

プロダクトローンチも減ったし、やっぱサロンか。


ネットビジネス大百科1がおまけでもらえるのは昔の和佐大輔と木坂健宣を知らない世代には嬉しいのでは?ネットビジネス大百科2のセールスレター解説ビデオとか映画のブルーレイにおまけでついてくる監督や出演者のコメンタリーみたいなコンテンツもあってネットビジネス界隈必携の1本。

匿名
匿名

コロナウィルス解体新書


木佐和佐のコロナ解体新書が面白い https://youtu.be/ZiKrvQGWZoI

名無しの鉄人
名無しの鉄人

スクワット


ネットビジネス大百科から和佐木坂サロンに入りました。まずスクワットから実践しています。

匿名
匿名

>>養分


お前は俺か(笑)まあ1回くらいは払わないと悪いかな?と言いつつ1年くらいやめずにダラダラ居そう。

名無しの鉄人
名無しの鉄人

養分


ああ、無料でねとビジネス大百科2をもらったら和佐木坂サロンはやめようと思ってたのに、木坂さんのコロナウィルスに関する情報が非常に良かったのでうっかり継続してしまった(笑)

匿名
匿名

筋トレ


木坂さんを見て私も体を鍛えたいと思いました。

匿名
匿名

2人のノリが嫌いでなければ…


二人の事が嫌いでなければ良教材。俺はちょっと苦手だからサロンには入らないつもり。

匿名
匿名

この内容で無料は凄い


これでコンテンツビジネスで金をとる=詐欺と言われる時代が来るかも

匿名
匿名

勉強になりました。


2のコンテンツを視聴してコミュニティ化の重要性を感じた。12年前のネットビジネス大百科で和佐大輔と木坂健宣はコミュニティの形成に成功して10年以上維持した経験をもとに2は成立しているので重みがある。これを無料で出せる事自体、成功の証と言えるのではないだろうか?

匿名
匿名

ネットビジネス大百科2


貰ったけど量が多くて全部消化しきれていない。2は無料だけど、どんどんアップデートされていくので有料コミュニティへの参加は必須。内容は良いと思う。

匿名
匿名

2020年代の定番


詐欺的情報商材へのアンチテーゼだった「ネットビジネス大百科」は大ヒット作だったが、2010年代詐欺師はより強烈な詐欺をやらかすようになった。「ネットビジネス大百科2」の2020年代詐欺師たちはは一体どうなるのだろう?

匿名
匿名

>無料オファー


和佐大輔と木坂健宣は海外の最新マーケティング手法を日本に初めて持ち込むのが得意で自分で新しい手法を開発したりしたことは無いのではないか?それが悪いという意味じゃなく。

匿名
匿名

無料オファー


ビットビジネス大百科2もアフィリエイトできるみたいだね。ビジネス大百科2の無料オファーでバックエンドはオンラインサロンと考えると、オーソドックスな情報商材屋の手法だな。

匿名
匿名

VS川島和正


川島和正のダーティなイメージと逆にこの二人は良い人っぽい。やってる事は同じ情報商材屋なのにどうしてこうなった?

匿名
匿名

ネットビジネス大百科


ネットビジネス大百科の後、木坂健宣は地下に潜ったって言われてるけど、定期的にセミナーやってるし、教材も売ってたよね。もともとコピーライターとかマーケッターとかって表に出る人じゃないよね。なんか、キャラ設定で自分で自分の事を地下に潜ったっていってそう、

匿名
匿名

>木坂大輔


名前が混ざってるwってゆーか、木坂健宣を直接指導したアメリカのコピーライターって死んじゃった人だよね。名前を忘れたけど。

匿名
匿名

木坂大輔


木坂健宣にコピーライティングを教えたアメリカの伝説的コピーライターって誰だっけ?

匿名
匿名

木坂健宣


流石にいい体してる。筋肉は裏切らない。

匿名
匿名

和佐大輔


事故で半身不随、10代で起業、億万長者ってマスコミ受けしそうなのにTVとか一切スルーなのはやっぱり情報商材屋だからかな?

匿名
匿名

ネットビジネス大百科2


>>副業の鉄人も早速潜入して、木坂健宣の筋トレ動画を視聴したが素晴らしい内容だった。副業は体が資本、そういう意味では「ネットビジネス大百科2」は副業にも役立つといえるぜ。←そこかよANIKI(笑)

匿名
匿名

木坂節は健在


セミナー動画で久しぶりに木坂健宣を見たが、STAYGOLDセミナーの時よりも若返ったような印象。セミナーの内容もビジネスに役立つ人ばかりではないが、現代社会を生きていくうえでの教養として役に立つ内容だと思う。

トップへ戻る