悪い

アフィラボ(affi Labo)のYouTube広告がとにかくウザい!株式会社アリウェーブ・井口大輝


1 0件
株式会社アリウェーブ| アフィラボ| info@afi-lab.com| 北海道札幌市東区北42条東1丁目5番24号 MRハウス1F

月収500万円は本当か?

井口大輝の人気の無さ

ここがポイント

  • PPC広告を使ったアフィリエイトの高額塾
  • 1つのページだけでは絶対稼げないのは常識
  • 月収7桁やるには莫大な広告費が必要

目次

【副業の鉄人】はどうしてもYouTube広告で副業がらみのものが多く表示されてしまう。

この手の広告は一度クリックしてしまうと何度も繰り返し表示されてしまう仕組みになっているので、鉄人の場合限りなく怪しい副業系の広告を見る羽目になる訳だが、プレミアムになるほどYouTubeを見ていない鉄人としては正直迷惑なシステムだ。

今回はそんなYouTube広告の中でも特にウザいアフィラボ(affi Labo)という情報商材を検証するぜ!


アフィラボ(affi Labo)はYouTube広告でそのノウハウを「1つのページだけで大きな収益を狙うシンプル副業」と端的に表している。これはアフィリエイト、それもPPC広告を用いたアフィリエイト手法のノウハウだ。

(注1)アフィリエイトとは、インターネットにおける成果報酬型の広告。

(注2)PPC広告とは、 Pay Per Click 広告の略称で、ディスプレイ広告やリスティング広告などのクリック数に応じて課金される広告のこと。

動画を見るといかにも仕込みっぽいおばちゃんが月収400万円稼いでいるという。

本当にアフィリエイトで月収400万円も稼げるのか?【副業の鉄人】が検証するぜ!

 

情報商材の広告ではおなじみの長ーいホームページの事をLP(ランディングページ)と呼んでいる。

普通のホームページは記事の内容に応じて何ページかに分かれているものだが、LPはユーザー(ホームページの来訪者)にたった一つのアクションしかさせないためにシンプルに1ページになっている。

たった一つのアクションは販売ページであれば購入ボタンであり、無料オファーであればメアドの登録ボタンを押すというアクションになる。ページを読み進めるためのスクロールは例外として許されるが、他の余計なことをさせてはいけないというのがウェブ広告の世界では常識になっている。

本来数ページに分かれる分量なので1ページが数十ページ分の長さになるというわけだ。アフィラボのLPもなかなかの力作でものすごい長さになっている。

長年の研究の末、最も成約率が高いとされている長大なLPだが、見てもらわない事には物は売れない。LPにいかにアクセスを流しこむかはアフィリエイターの収入に直結する問題だ。

アフィラボの「1つのページだけで大きな収益を狙うシンプル副業」とは、PPC広告を用いてLPにアクセスを流し込み高い収益を狙うノウハウだ。

PPC広告はインターネット広告の代表格で、 Pay Per Click方式でなくてもネットでディスプレイ広告やリスティング広告と言えばPPCと呼ばれる傾向があるので、ここでは細かい分類には目をつぶってPPCと呼ぶことにする。

ちなみにアフィラボのノウハウはLPに結構細かく書いてあり、

「具体的にはHTMLに触れること無くサイトを作成し、そのサイトを100でも1,000でも10,000サイトであっても、一瞬で「展開式専用に」量産することが出来ます。」

とある。つまり1ページで完結するLPだが量産はするという事だ。1つのページだけで大きな収益を得られれば苦労はしないが、それは無理な話だと広告のプロでなくてもわかるだろう。にもかかわらず「1つのページ」を強調して広告するのにはできるだけ簡単だと思わせて情報商材を買わせたいというよこしまな考えが透けて見える。

HTMLに触れること無くサイトを作成、量産することは可能だが、そんなサイトでCVRが上がるほど広告の世界は甘くない。

(注)CVRとは、Conversion Rate(コンバージョンレート)の略でWebサイトに発生アクセスのうちメアド登録や購入、申し込みなどのコンバージョン(成果)に繋がったかの割合を示す指数。

「更にはYahoo!プロモーション広告においても「サイトの数だけ」簡単に広告を作成し、あっという間に出稿することも可能にしたシステムとなっていますので、正に展開式の為に徹底的に無駄を省いた専用の最適化システムです。」

とあるが、LPを量産すればするほど広告費は増大する。

アフィラボのLPには無理なく作れる月収30万円の仕組みとあるが、アフィリエイトで30万円の収入を得るためには相当な売り上げを上げなくてはならず、売上を上げるためには広告費が必要となる。

そして広告費をかければかける程儲かるというものでもない、失敗もあり得る。

アフィラボは2つの広告手法を用いるのだが、

1.PPC広告(Yahoo!スポンサードサーチ)を使った展開型PPCアフィリエイト
2.YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)を使った出向方法

という具合になぜかYahoo!の広告しか扱っていない。

なぜ世界最大の広告プラットフォームGoogleを扱わないのか疑問だ。

【副業の鉄人】は副業でネット広告も扱うため実体験として広告効果、コストパフォーマンスともにGoogleが圧勝していて、Googleの審査に通らないようなヤバ目の商品を仕方なくYahoo!で広告するイメージがある。

Yahoo!はGoogleの審査に落ちて他に行く当てのない広告主に対して容赦なく割高な料金とお粗末な結果を提供する。

そういえば鉄人がアフィラボを知ったのはGoogleでもYahoo!ではなくYouTube広告なわけだが、YouYube広告の方が効果が高いのであればアフィラボではなぜYouTube広告を取り扱わないのだろうか?

広告費が高く費用対効果が低いYahoo!広告で月収30万円を達成するには、扱う商品にもよるが相当な額の広告費を投入する必要があることは間違いないだろう。

アフィラボと提携しているASPは「afb」「Link-A」「レントラックス」「シルバーバレット」の4社だが、果たしてどのくらいの報酬を出してもらえるのかにかかっているだろう。

健康食品や化粧品などアフィリエイト報酬の高いジャンルはライバルも多くオークション制のPPC広告費は高くなりがちだ。正直アフィラボが言うように2か月で月収30万、3~4ヶ月で月収100万円以上というのは相当な資金力がある法人が、本気で事業としてアフィリエイトに取り組み、それなりの初期投資をぶち込まないと無理。

「1つのページだけで大きな収益を狙うシンプル副業」は夢のまた夢で、大損を覚悟でLPを量産してすべてのLPに大量の広告費を投入してアクセスを増やすことが必要だ。

 

副業の鉄人は株式会社アリウェーブと取締役の井口大輝を知らなかったので調べてみたら、会社は北海道札幌市、関東オフィスは埼玉県戸田市にあるそうだ。事業内容は

  • Web広告運用(リスティング広告,各種アドネットワーク, DSP)
  • オウンドメディアの企画・制作・運営
  • Web集客関連セミナーへの講師派遣
  • 各種Web起業系セミナーへの講師派遣
  • 各媒体を用いた広告事業
  • メールマガジンの発行
  • 自社オリジナル製品の製作販売(eコマース事業)

となっている。社員の保有資格として

  • 日本ビジネスプロモーション協会 認定プロモーター
  • Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定
  • 通商産業省 第二種情報処理技術者 ※現:経済産業省

が挙がっている。やはりGoogle関連の資格がないのが気になる。

また井口大輝のTwitterアカウントを見るとフォロワーが374人しかおらず、こいつに本当に集客を教えられるのかがで不安になる。

 

世界で一番大きな砂漠はどこ?

アフィラボの井口によると南極大陸の氷雪砂漠だそうだ。

ほとんどの人はサハラ砂漠と答えると思うが、井口によるとそれは「勝手なイメージによる決めつけ」だそうだ。

しかしイメージも何も学者でもない限り砂漠と言えば砂、南極も北極も砂漠じゃない。

井口はアフィリエイトが稼げないというのも「勝手なイメージによる決めつけ」だそうだ。

しかし、それは多くの人がアフィリエイトは稼げないと思ってるだろうという「勝手なイメージによる決めつけ」であり、実際にはほとんどの人がアフィリエイトは稼げるのか稼げないのかわからないはずだ。

ドヤ顔で「残念でした世界一の砂漠は南極です!」なんてPDFを作ってる井口…稼げてないんだろうな。

 

口コミ評価分布

0.00 0件
非常に良い
0%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
0%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(0)

トップへ戻る