普通

エイドスクニーン(ADK)にはなぜ根強い人気があるのか?


2 6件
AidosKuneen| エイドスクニーン(ADK)| |

独自取引所

"ドン"リカルド・バドエル

ドンの日本語訳アカウント

ここがポイント

  • ICOせず開発者が自前で上場させた仮想通貨
  • 開発者は専用の取引所を作ってしまった
  • マイナーだが日本にも根強いファンがいる

目次

エイドスクニーン(ADK)という仮想通貨を知っている方は、結構な仮想通貨通といえるでしょう。

CoinGeckoを見ると1ADK≒3.77USD、時価総額ランキングでは#2419位とめちゃくちゃマイナーかつ値段も上がっていない仮想通貨です。

しかし、エイドスクニーン(ADK)は日本人に固定ファンが多く、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の仮想通貨板はメジャーなアルトコイン並みに活気があります。

今回は趣を変えて、この不思議な仮想通貨の魅力を探ってみたいと思います。

エイドスクニーン(ADK)はICOによる資金調達を行っていません。

ファウンダー(創立者)の「リカルド・バドエル」(愛称"ドン")はオフショア銀行等の金融機関で長年働いていた経歴の持ち主で、仮想通貨の世界にも初期から関わっていた投資家で、豊富な資金があるためICOによる資金調達なしで仮想通貨の開発が可能であったと伝えられています。

エイドスクニーン(ADK)はICOなしで仮想通貨取引所に上場する予定でしたが、取引所に資金を持ち逃げされるというトラブルに見舞われ「リカルド・バドエル」自らがエイドスクニーン(ADK)専用の取引所(エイドスマーケット)を開設したと言われています。

しかし、自前の取引所は初期トラブルが多く、エイドスクニーン(ADK)の取引所公開は波乱に満ちたものとなりました。

エイドスマーケットは、ADK/USD ADK/BTC の2通貨との取引しかできないため利用者は少なく、ADSの普及を妨げています。一般の取引所への上場のうわさもありますが具体的な取引所や上場予定は未定です。

投資対象としてのエイドスクニーン(ADK)は取引所の問題から、出来高が増えにくく期待できないと思われがちですが、投資対象として魅力を感じて投資を続ける固定ファンが多いのもエイドスクニーン(ADK)の特徴となっています。時価総額は低いものの『ガチホ勢』が多いイメージで、時価総額では比べ物になりませんがリップル『XRP』に似たところがあります。

なぜ、エイドスクニーン(ADK)は投資家を引き付けるのでしょうか?それはエイドスクニーン(ADK)の「プロジェクトに魅力がある」点と「技術面に魅力がある」点、2つの魅力があるからだと思われます。

プロジェクトの魅力は「リカルド・バドエル」の経歴と大いに関係があります。エイドスクニーン(ADK)は『オフショア銀行を再構築すること』をミッションとした仮想通貨なのです。

オフショア銀行とは『預金者の居住国外にあり、口座開設者のほとんどが裁判管轄上の非居住者である銀行の事』ですが、多くの場合『タックスヘイブン(租税回避地・低課税地域)にある外国銀行』を指します。

つまり富裕層が税金対策に使う銀行という側面があるのがオフショア銀行です。

「リカルド・バドエル」は元オフショア銀行のバンカーですからオフショア銀行とその富裕層の顧客について知り尽くしています。オフショア銀行に匿名性の高い仮想通貨額に合わされば…と考えたのでしょう。多くの仮想通貨投資家も『リッチな創始者がリッチな銀行や顧客向けのサービスに目を付けた』のこのプロジェクトに期待しているのです。

日本ではマネーローンダリングや脱税などマイナスのイメージが強い『匿名性の強い仮想通貨』ですが、海外ではけしてネガティブにみられることばかりではなくむしろ仮想通貨特有の強みの一つとして見られています。(オフショア銀行についても同様です)

技術面でのエイドスクニーン(ADK)の魅力は数多くありますが、最大の特徴はブロックチェーンを用いない事でしょう。

エイドスクニーン(ADK)はブロックチェーン技術の代わりにDAGを基にしたi Meshを採用しています。

iMeshは送金スピードが速く、スケーラビリティ問題にも対応しています。(スケーラビリティ問題とは、仮想通貨が使用される場面が増えることで、マイニングなどデータ処理が追い付かなくなってしまう問題のことです。)

その他の技術的特徴は
・手数料なし
・量子コンピューター耐性
・強い匿名性

などがあげられます。どれもエイドスクニーン(ADK)独自技術ではありませんが、オフショア銀行との提携というビジネスモデルとの親和性が高く、説得力のあるホワイトペーパーになっています。日本語版もドラフト版が公式っサイトに公開されていますので、仮想通貨の技術面に興味のある方はご参照ください。

ただし、これらは即エイドスクニーン(ADK)の価格高騰にはつながりません!

 

 

 

 

エイドスクニーン(ADK)は日本人ファンも多く、5ちゃんねる(きゅう2ちゃんねる)の専用板は1/28現在Part31まで進んでいます。書き込みが1000で1板消費しますから3万以上の書き込みがあったという事ですね。GACKTのスピンドルの専用板でさえPart7ですから、これはすごい数です。

ファウンダー「リカルド・バドエル」のTweetを翻訳するTwitterアカウントや、エイドスクニーン(ADK)に関する信憑性の高い情報を発信する人気アカウントの存在も見逃せません。一般的なマイナーコインは価格低迷で人心が離れていくことを止められませんが、エイドスクニーン(ADK)の未来を信じるホルダーの結束は固いようです。

エイドスクニーン(ADK)は投資対象として魅力はあるものの、『即金、爆益、短期高騰』といった投機的な魅力には欠けます。

記事を読んでお判りいただけたと思いますが、ビジネスモデルとしては日本人には抵抗のある「タックスヘイブン+匿名性コイン』技術的にもマニアックな側面を持つ仮想通貨ですので、誰にでも勧められる仮想通貨ではありません。

 

しかし、価格的にも公開来最高値($59.02)に対し$3.59と10分の1以下に落ちており、『宝くじでも買ったつもりで1枚持っていてもいいかな?』と思わせる仮想通貨です。

口コミ評価分布

2.00 6件
非常に良い
17%
良い
0%
普通
17%
悪い
0%
非常に悪い
67%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(6)

名無しの鉄人
名無しの鉄人

リカルド・バドエル


普通に大ウソつきだよw

名無しの鉄人
名無しの鉄人

痛い通貨


すべてがオフショア銀行との提携が実現してからの話。現状では全く流通していない草コイン。

名無しの鉄人
名無しの鉄人

草コインすぎる


DAGシステム採用通貨、開発中だが完成すれば匿名通貨ユーザーはADKに乗り換える要素はある、しかし、あまりにマイナーすぎる。

名無しの鉄人
名無しの鉄人

エイドスクニーン(ADK)


エイドスクニーン(ADK)という仮想通貨の存在を初めて知りました。鉄人はSCAMばかり相手にせず、まじめにやってる仮想通貨の情報を伝えてほしいですね。でもADKには投資しません(笑)

名無しの鉄人
名無しの鉄人

素人はお前だ。


オフショアバンクのすべてがタックスヘイブンではないし、匿名通貨とはいえ銀行に対してまで匿名ではない。匿名通貨に関しては記事にもあるが海外では日本ほどネガティブにとらえられていない、むしろ強気。

名無しの鉄人
名無しの鉄人

管理人は素人


IOTAパクリのDAGに技術的アドバンスはない。オフショアバンクと匿名通貨の組み合わせなんて怪しすぎて買えない。買ったら『脱税してます』って首から札下げてるも同じ

トップへ戻る