悪い

『ビットアカデミー』松本太陽(敏彦)に対する集団訴訟が『D9クラブ』並みに盛り上がってる


1 0件
株式会社FintechCommunity| ビットアカデミー| http://bitacademy.biz/info/| 福岡県福岡市中央区天神2‐3-10天神パインクレスト716

松本太陽

泉忠司との癒着

仕手による嵌め込みも

ここがポイント

  • 仮想通貨情報商材に訴訟ブーム到来?
  • D9クラブでは泉忠司と揃って被告人!
  • ゴーレム(GNT)のPUMPで嵌め込みも!

目次

『仮想通貨で億万長者になる 日本初の仮想通貨投資スクール ビットアカデミー ついに開催』

松本太陽松本敏彦)は、取引所間の価格差を利用したアービトラージ投資の他に、シリコンバレーから仕入れた最新の優良ICO情報を提供すると言ってスクールの生徒を集めましたが完全な誇大広告で、アービトラージ投資の情報は無料レベルの投資情報で優良ICO情報もなかったそうです。

まあ、ここまでは「情報商材あるある」で珍しくないケースですが、ここにきて集団訴訟にまで発展したのには、ビットアカデミー内で、松本太陽は参加者に対して「ビットコインロードマップ(BRM)」というHYPE(高利回り投資案件)を紹介したり、小野里はじめの「everydayエブリディ給料日革命」という情報商材を販売していたのです。

「ビットコインロードマップ(BRM)」は『マイニングとAIトレード&アービトラージで月利8%案件が長期安定ストック収入をもたらす!』という絵にかいたようなHYIPでしたが、どうやらポンジスキーム(自転車操業詐欺)だったようで8月に配当の支払いが停止し11月に休止したそうです。

小野里はじめの「everyday(エブリディ)給料日革命」という情報商材は、特商法表記の連絡先がビットトレードと同じで事実上松本太陽の商品でした。中身は自動アービトラージツールでビットアカデミーの内容と被っています。こちらは6月に休止しているようです。
 

集団訴訟サイト「matoma」に寄せられた口コミを見ると、数百万円単位で投資した資金が戻ってこないという口コミが多く単なる情報商材詐欺ではなく投資詐欺であったことがわかります。2019/2/15現在「matoma」に登録した被害者は51人、被害総額は1700万円近くなっています。

 

今までなら「情報商材は詐欺の立件が難しい」と言われており、大損させられても訴訟にまでは発展しなかったことが多いのですが、仮想通貨系情報商材の石塚幸太郎氏の「RE・JAPAN・PROJECT(リ・ジャパン・プロジェクト)から逮捕者が出る等、情報商材詐欺被害者には追い風も吹いており、現在の盛り上がりにつながっているようです。

松本太陽がこのような集団訴訟を起こされるのは初めてではなく、D9クラブというマルチ商法でもキングオブコイン「泉忠司」とともに民事での返金請求訴訟を起こされています。ただし返金には応じていないようです。

D9クラブは仮想通貨ではなくブックメーカー投資に関するマルチ案件ですが、同じマルチ商法チームが様々なマルチ商法を販売しSENER(セナー)では運営者側に逮捕者がでています。

マルチ商法の特徴として代理店として販売している人間はその商品の購入者でもあるわけで、松本太陽はD9クラブでも「自分の被害者だ」と主張しているようです。恐らくSENER(セナー)でも同じ言い逃れをしていると思われます。

これはノアコインで泉忠司が途中からただの代理店で運営には関与していないと言い逃れを始めた時とそっくりです。

松本太陽は情報商材とマルチ商法以外にも、仮想通貨投資では価格操作を行っています

2017年の5月29日「小玉歩」「泉忠司」らと共謀し、自分のLINEグループで仮想通貨ゴーレム(GNT)を高騰するから買うように指示しました。短時間に買い注文が集中したため時価総額の少ないゴーレム(GNT)は高騰しました。しかし、松本太陽らは価格が上がったところで売り抜け多額の利益を得ました。

松本らが一気に売り注文を出したためゴーレム(GNT)は急落、松本太陽を信じた投資家は多大な損害を被りました。

このような価格操作の末の売り浴びせは嵌め込みと言って悪質な行為ですが、仮想通貨に関しては規制する法律がないのが現状です。

松本太陽の悪行は数えだしたらきりがないほどですが、『ビットアカデミー』を突破口に正義の鉄槌が下ることを希望します。

口コミ評価分布

0.00 0件
非常に良い
0%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
0%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(0)

トップへ戻る