普通

アトミックコインATC取引所に上場!金融庁に警告を受けたSB101はどうなる?


2.14 7件
SB101| SB101| cs@raptino.com| ジブラルタル

金融庁の警告

アトミックコイン説明動画(日本語)

アトミックコインのロードマップ

ここがポイント

  • アトミックコイン上場予定のSB101に金融庁警告
  • ATC取引所4/1オープン、アトミックコイン専用取引所?
  • 2020/8/7ついにアトミックコイン上場←New!

目次

2020年8月7日、仮想通貨アトミックコインが海外仮想通貨取引所であるATC取引所(ATC Exchange)に上場を果たしました。

アトミックコインはオンラインカジノで使われる仮想通貨のようですが、ホワイトペーパーも公式サイトも存在しない謎の仮想通貨です。プレセールは2018年9月から行われていたようですが、プレセールの販売窓口で上場も予定していた海外仮想通貨取引所SB101が無登録業者として金融庁から警告を受けたため上場を延期、ATC取引所での上場に変更した経緯があります。

変更後もたびたび上場予定を延期していましたが、2020年8月4日、突然ホルダーに対して8/7 11:00 の上場を発表しました。


予告通り11:00に上場したアトミックコイン(ATC)はビットコイン(BTC)との1通貨ペアでのスタートとなりました。

注目の始値は0.00009726BTC(同日1BTC=約124万円だったので1ATC=約120円)でした。

アトミックコインは第一セールが1枚1元(約16円)、第二セールが1枚三元(48円)、そして多くの一般投資家が参加したと思われる第三セールが1枚8元(128円)で販売されました。

約120円という価格はほぼICO割れの微妙な価格ですね。

問題は出来高でローソク足の下の出来高棒グラフですが単位が枚です。K(千枚単位)ではなく1枚2枚の枚。

1枚100万以上のBTCならともかく、1枚120円の草コインなんて分足チャートでも普通に千枚単位になるはず、金額じゃなくて数量ですからね。

最初の1分間のボリュームは7(枚)すなわち出来高はたったの840円ということになります。

2年も待った上場にしては出来高少なくね?

上の画像が上場直後の板です、1枚120円の仮想通貨なのに買い注文の数量が「0.31(約37.2円)」「0.63(75.6円)」と1枚未満の注文が並んでいます。

それにしても板スカスカ、2年も上場を待たされたのにホルダーによる投げ売りさえ発生していません。ひょっとして、アトミックコインは上場まで2年もかかったのにロックされているのか、あるいは金だけ払わされてまだトークンを配布されていないホルダー未満が大量にいるのではないでしょうか?


異変が起きたのが上場15分後です。ローソク足(1分足)も板も停止してしまいました。価格は0.00016118BTC(約193円)で止まりました。時間を示す横軸だけが伸び続ける不気味なチャートです。

「4609.07」など1000枚単位の注文も売り板買い板ともにあるのですが、全く約定しません。

これ、上場していると言えるのでしょうか?

午後になってチャートが復活しましたが、後から付け加えたとしか思えないローソク足が大量に。

停止した状態での24H 量 / 売上高は23,401.17 ATC / 15.41 BTC と表示されていましたが、本当にこれだけの量が動いたとは思えません。

ATC取引所、予想以上に怪しい事になっています。

【以下過去の検証記事】


2019年8月、金融庁からの警告を受け、SB101での上場を延期していたアトミックコインは、全く別の海外仮想通貨取引所、ATC取引所(ATCExchange)での上場を発表しました。しかし、上場の時期は2020年1~3月とはっきりとした日程は示されませんでした。

3月末になってもアトミックコインは上場しませんでしたが、4/1にフィリピンの海外仮想通貨取引所ATC取引所(ATC Exchange)がオープンしました。

ATC取引所は、フィリピンのライセンスを取ったという事でしたが交換所で使える法定通貨がCNY(中国人民元)のみで、人民元と交換できる仮想通貨もBTCとUSDTのみという日本人には使いづらい仕様です。

フィリピンの海外企業向け金融ライセンスと言えばCEZA(カガヤン経済区庁)ライセンスが有名です。日本初のSCAM案件の多くがCEZAライセンスを取ったとふかしては結局取れていないというパターンが多く、その名に覚えがある読者も多いはずです。

【関連記事】
ノアコイン終了?カガヤン経済区庁(CEZA)がライセンス凍結 BTCNEXTに金融庁警告

【仮想通貨の鉄人】がCEZAのサイトを確認したところ、ATCの名前はありませんでしたので、ATC取引所が何のライセンスを取ってフィリピンにサーバーを置いているのかは不明です。ATC取引所の利用規約には「本契約全体は、フィリピン共和国の法律に基づいて締結された契約であり、フィリピン共和国の関連法がその設立、解釈、内容、および施行に適用されるものとします。」と明記されていますが(原文は英語)、フィリピンではライセンスを取得していない可能性が高い取引所です。無免許運転ならSB101でも良かったのでは?

【CEZAホームページ】
https://ceza.gov.ph/article/list-ceza-offshore-virtual-currency-exchange-ovce-licensees

【引用元】https://www.atcex.ph/fiat

オープンから1か月以上が経過しましたが、ATC取引所は閑散としています。肝心のアトミックコインが上場せず、現状ETH/BTCしかトレード出来ないのですから無理もありません。

気になる点は、ETH/BTCチャートでオープン(4/1)以前のデータがある事です。日本人の日本人向けプロジェクトなのに中国人民元しか使えない点も含めて考えると、既存の中華系取引所を買収してATC取引所としてリブランドしての再オープンと考えるのが自然でしょう。

 【引用元】https://www.atcex.ph/trading/ETH_BTC

金融庁の警告にもかかわらずアトミックコインの上場前のトークンはSB101で販売し続けられていましたが、ATC取引所のオープンを前に3/16で終了していました。

そこまでやるならSB101で上場しても良さそうなものですが、金融庁は警告にとどまらずSB101があるジブラルタル(英国海外領)に上場は絶対に阻止するよう圧力をかけていたのかもしれません。

【以下過去の検証記事】


すったもんだして、ようやく上場かと思われたアトミックコインですが、新型コロナウィルスの影響により上場を延期する旨を発表しました。上場時期は未定で決まり次第サイトにて開示するそうです。

新型コロナウィルスでフィリピンが受けている経済的打撃は深刻ですが、アトミックコインはいつ上場出来るのでしょうか?【仮想通貨の鉄人】では引き続き注目したいと思います。

2019/02/15金融庁はジブラルタルの仮想通貨交換所「SB101」に対して警告書を発出しました。

「SB101」はICO中の仮想通貨「アトミックコイン」が上場を予定していて、日本人投資家向けに代理店が広告合戦を展開して注目を浴びていた一方で、「中華系の海外取引所なのにアクセスの大半が日本から」と言われるほど日本人投資家に偏った広告展開をしていて実質的に日本人向けの取引所でした。

日本人投資家が海外取引所を利用することは「納税の義務を果たせば」自由ですが、海外在住の取引所とは言え、日本語で日本人向けにサイトを作成し、日本人広告代理店が日本人向けに宣伝しまくれば、日本の取引所同様の規制を受けるのは当然で、金融庁は「無登録海外在住取引所」として「SB101」に警告書を発出したのです。

この警告書は「SB101」に対してと言うより、日本人投資家に対して「SB101」の利用はハイリスクであることを示すものともいえるでしょう。

海外取引所に対して金融庁が警告を発するのは、2018年3月のバイナンスに次いで3件目ですが、今回の警告はバイナンスのケースとは異なる点が非常に多いのです。

バイナンスは取扱量が世界トップクラスの仮想通貨取引所で日本人以外のユーザーも数多くいて、10以上の言語に対応しています。警告後、日本語対応をやめるだけでなく日本人の利用を制限しました。この時バイナンス以外にも日本人の利用を制限する取引所が数多く表れ、中には日本からのアクセス自体ができなくなる「締め出し」の取引所まで現れました。海外取引所大手の「Huobi」は日本の取引所ビットトレードを買収する形で金融庁の認可を受けて財務局登録を獲得しました。

大手の仮想通貨取引所に関しては日本人向けではないとはいえ、日本人の利用者が多すぎたのが問題だったのではないかと思われます。

「SB101」は新しい取引所で、取り扱い通貨数も海外取引所としては非常に少なく、サイトにはビットコイン(BTC)ライトコイン(LTC)イーサリアム(ETH)の3種類のマークが描かれています。

国際ブランドのVISA/Master/銀聯(ギンレイ)と提携したプリペイドカードが売りでビットコイン(BTC)ライトコイン(LTC)イーサリアム(ETH)がチャージ可能と言いますが、買い物などに利用するにはサイトでチャージした仮想通貨をUSDに両替してUSDがカードから引き落とされるという残念な仕様です。

「SB101」は有名なゲーム会社の傘下にあるとサイトに書かれていますが、そのゲーム会社の名前はどこにも記載がなく怪しいことこの上ないです。ゲーム会社の傘下らしく、オンラインカジノ風のゲームは完備されでいます。

「SB101」を取引所として見ると『酷い』の一言です。「SB101」のウリは「アトミックコイン」が上場する事しかないようです。

結果、金融庁の警告も『インターネットを通じて、日本居住者を相手として、Atomic Coin(アトミックコイン)の売買の媒介等の仮想通貨交換業を行っていたもの』という、どちらかと言えばアトミックコインのICOが原因では?と思わせる文章になっています。

「SB101」に対しては警告が出される前に何らかの働きかけがあったのでしょう。サイトには2018年以降英語表記に変更するという、英語のメッセージが表示されています。

しかし日本語のページも数多く残されていて、オンラインゲームは英語と日本語が選べるようになっています。

アトミックコインの説明動画も日本語版がほかの言語の4倍の大きさで、いかに「SB101」にとって日本が大きな存在なのか視覚的にわかるようになっています。これで日本人向けじゃないと言えるでしょうか?

単に日本語表記を消せばいいというものではなく、日本に偏ったサイト作りを根本から変えなければ「SB101」もバイナンスのように「日本人の利用停止」を迫られるのは明らかです。

 

アトミックコインはどのような仮想通貨なのか?日本の代理店が作った日本語のサイトは多いですが、肝心の公式情報が見当たりません。ホワイトペーパーさえないようなので、SCAM(詐欺)の可能性さえ感じます。

ホワイトペーパーはおろか、公式サイトさえ見当たらないICO案件、情報はやたらと詳しい日本人代理店からしか入手できない仮想通貨がまともなわけないでしょう。

結構有名なメディアも取り上げていたので、ここまで酷いとは思わず今までノーマークだったのですが、よくこんな仮想通貨を人に勧められるな、と思います。

恐らく「SB101」に口座を開設させたり「アトミックコイン」を買わせると高額な報酬があるのだと思われますが、かなりの確率で紹介した人間との関係が悪化するでしょう。

ます昨年行われたらしい第一セールは、購入条件にエージェント(代理店の事か?)10名以上紹介とあり、価格は1元!中国人民元が指定通貨の仮想通貨は初めて見ました。第二セールの購入条件はエージェント登録者で価格は一気に3倍になっています。

この数字を見ただけで、アトミックコインのプロジェクトが代理店への報酬に非常に大きなコストをかけていることがわかります。宣伝広告費が高いプロジェクトは後々値段が上がりにくいのは想像に難くありません。肝心のプロジェクトに回る資金が少ない事が誰の目にも明らかだからです。

極めつけは、最終セールです。購入条件はアトミックコインを最低140USD購入する事と、ここにきて突然USD登場。※仮想通貨を預入れ後、USDに両替する必要ありとの但し書きがります。

USDに両替??ここまで、アトミックコインのトークンは一切登場せず、中国人民元とUSDの現金決済へのこだわりがICO案件らしさを全く感じさせません。

これは、金融庁が警告するわけです。かなりSCAM(詐欺)臭いので相当注意が必要でしょう。

 

仮に、SCAM(詐欺)でなくても、金融庁から警告が出ている以上「SB101」はバイナンスのように日本人の利用が禁止されなくなる可能性があります。huobiのように金融庁の認可が取れるような取引所には見えません。

投資家のほとんどが日本人という状況で日本人の利用が制限されたら、アトミックコインが上場しても誰が売買するのでしょうか?

「SB101」と「アトミックコイン」はかなり危険な投資になると思われます。

非常に危険性の高い案件でお勧めできません。

口コミ評価分布

2.14 7件
非常に良い
29%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
71%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(7)

匿名
匿名

>>間違いない!


いや、ATC取引所はどうなってんだよ(笑)出金できないんだろ(爆)

悪魔
悪魔

間違いない!


アトミックは間違いないです。

匿名
匿名

ATC取引所


チャートが止まってる間に市場外取引があったんだろう。ATC取引所は要注意だな、まあ永遠に使うつもりはないが(笑)

匿名
匿名

これじゃSB101に上場させても同じだった気がする。


一応上場したから詐欺じゃないと言い張って終了だな。ホルダーさんお気の毒です。

名無しの鉄人
名無しの鉄人

金融庁から警告が出たから店じまいかな?


日本の金融庁から警告が出たくらいで中華系の取引所が占める理由がない気もするが、実際には日本人客しかいない取引所だったんだろう。

名無しの鉄人
名無しの鉄人

>サイトには入れない


金曜日には入れなかったからメンテナンスにしては長いと思わないか?

名無しの鉄人
名無しの鉄人

ここ、メンテナンス中になってるけど夜逃げじゃね~の?


サイトには入れないよw

トップへ戻る