Winsor Master CEO ユーリンショウ

MunicsBank出金出来ず

疑惑のCIFグループ

ここがポイント

  • CIFグループとの提携はウソ!出金停止!
  • MumicsBankも出金停止、救済にWinsor Master登場
  • Winsor Masterへ移行しても出金できない←New!

目次

【2020/5/19更新】Winsor Master 例によって出金できず!

Winsor Masterウィンザーマスター)は、YouBankユーバンク)に出資していたユーザーが、YouBankを買収したMunicsミューニクス)から出金できなくなりトラブルになっていた為、YouBank創業者のひとりユーリンショウ(俞凌雄)が救済のために新しく作った金融プラットフォームと言われています。

しかし、Winsor Master のホワイトペーパーにはYouBankやMunicsについての記載は一切なく、YouBankユーザーの為に作られたものではなく、救済を約束したものではない事がわかります。

ホワイトペーパーにはユーリンショウ(俞凌雄)の名前さえなく、運営者はWINSOR (WINSOR Investment Group)では、100 年の歴史を持つ英国の老舗金融グループだそうです。提携先としてYouBankを運営していたCIFグループの名前も無く、一般に言われている「YouBankユーザー救済のためにユーリンショウ(俞凌雄)が救済のために新しく作った金融プラットフォーム」という内容とかけ離れています。

CIFグループがYouBanKを作ったという話自体嘘っぽいのでユーリンショウがウィンザーマスターを作ったという話も怪しいと考えた方が自然でしょう。

公式サイトによると「世界初のワンストップブロックチェーン金融投資コンサルティングプラットフォーム」で、ブロックチェーン技術をベースに、世界の金融市場をつなぎ、株式市場と通貨市場を完璧につなぐという事ですが、YouBank時代の資産が出金出来ない時点で完璧につないでいるとは言えないのではないでしょうか?

YouBankユーザーはWinsor Masterの口座をアクティブにするために100USD相当の仮想通貨を入金する必要があるそうです。Municsの口座をアクティブにするために500USD入金させられた挙句資金を幽閉されたというのに更に100USDも取られます。

Winsor Master の口座にYouBank時代の資産をは寧するためには、YouBank時代の紹介者を明らかにする必要があるそうです。マルチ商法の紹介システムの上下関係もそのまま引き継ぐためなのでしょう。

無事YouBank時代の資産を引き継ぐと、口座に入れた仮想通貨とは別にYBK-USDT資産が現れます。このYBK-USDT資産はおなじみの仮想通貨テザー(Tether/USDT)とは全くの別物で、USDはおろか他の仮想通貨とも交換できません。

Winsor Master内部での運用にしか使え無い為、事実上幽閉状態であることには変わりありません。Winsor Master内で運用すれば、画面の数字上は配当が付き増えていくようですが、YouBank⇒Munics⇒Winsor Masterと2度も引っ越ししてまだ出金出来ないユーザーにとっては不満は当然でしょう。

Winsor Masterは公式サイトで

「Winsor Masterに参加した一部のYouBankメンバーは、最近、悪意のある攻撃を頻繁に行い、信用を失い、虚偽の声明を公のメディアで広めたため、ウィンザーグループのイメージと事業開発に大きな悪影響を及ぼしました。同社は、2020年5月12日16時00分ロンドン時間(2020年5月13日0:00香港時間)からYouBankメンバーの一部の非アクティブなYBK資産の停止、および一部の不審なアカウントの転送および引き出し機能の停止を行います。」

 

と、不満を募らせ批判をしたユーザーの口座を停止しましたが訴訟を起こす権利は保留すると発表してけん制しました。

やはりWinsor MasterにはYouBankユーザー救済という意識は無いようです。

<img class="img-fluid" src="/images/388/Winsor_White Paper.jpg" />

 

以下、ホワイトペーパーよりWinsor Masterを運営するWINSOR Investment Groupの説明。

WINSOR (WINSOR Investment Group) は、100 年の歴史を持つ英国の老舗金融グループです。無類の歴史を持ち、マイクロソフト、IBM、グーグルなどの世界的な金融大手と緊密に協力して、様々な金融サービスプロジェクトを開発してきました。WINSORグループは、バリュー投資の概念の中で活動しています。経済的・金融的な目標を達成するために、株式、債券、様々な形態のオルタナティブ資産にグローバルに投資しています。投資対象は、主に世界の新興国、成長を続ける中間層、新興の有力企業などに集中しています。投資対象となる産業は、金融サービス、航空、通信、メディア・テクノロジー、運輸・産業、消費財、不動産、エネルギー・資源、文化的創造性など多岐にわたっています。100年に及ぶ金融経営と20年に及ぶグローバル展開で、Winsorグループは英国トップの証券ブローカーであり、Winsorファミリーに属しています。1912年に早くもWinsor家は証券、先物、その他の金融サービス市場で事業を開始しました。当初の顧客基盤は貴族と少数の民間企業に限られていました。100 年以上の継承と発展を経て、Winsor グループは英国証券業界のリーダーとなりました。Wins は、Winsor グループが独自に開発した証券オペレーティング・システムで、多くの英国の金融企業から広く賞賛されており、英国の証券業界に大きな影響を与えています。

ウィンザーマスターは多くの英国の金融グループを買収しました。2018年のウィンザーグループの総収益は8億3830万ポンド、純収益は9,680万ポンド、利益は1,870万ポンドでした。同社の株主は、ウィンザー・ファミリー(56%所有)、W.L.ロス(21.3%)、スタンホープ・インベストメント(12.3%)など。同社の運用資産は約52億ドルで、世界15カ国で1,200人以上の従業員が働いている。1998年、ウィンザーグループは世界市場に参入し、世界各国で登録され、グローバルな証券会社の開発を開始しました。2020年、ウィンザーグループは中国を中心としたアジア事業を開始しました。この新世紀において、ウィンザーグループは現在の開発動向とモバイルインターネットの将来の拡大に注目しています。ブロックチェーン技術、スマートコントラクトの知識、デジタル資産のインタラクティブな形態、信頼メカニズムと組み合わせた先進の金融技術を利用して、Winsor Master金融投資相談プラットフォームを立ち上げました。このシステムは、インテリジェントで効率的、モジュール式の多次元金融投資アプリケーションシナリオと、共有システムソリューションを使用した多元的なブロックチェーンビジネスエコシステムです。世界のユーザーの投資ニーズを継続的に満たし、最大の投資価値を創造し、世界をリードするブロックチェーン金融アプリケーションエコシステムを創造し、金融をよりシンプルにすることを目指しています。科学と技術の助けを借りて、Winsorは従来の金融秩序を打破し、新しい金融システムを創造します。

 


 

【2020/2/16更新】MumicsBank出金停止対策でWinsor Master 登場!

HYIP(高利回り投資)案件 YouBankユーバンク)は突然Municsとの合併を発表、それに伴い出金出来なくなりMumicsBankミューニクスバンク)へ500USD支払い移行しないと出金出来ない状態になりました。強制的にMunicsBankへ移行させられたものの、Municsでは約束されていたサービスは受けられず資金もロックされ出金出来ないままでした。


もともとYouBankを運営していた(自称)CIFグループCEO ユーリンショウ(俞凌雄)は、YouBankからの移行組の救済のために新HYIP案件「Winsor Master(ウィンザーマスター)を立ち上げ救済を宣言!

YouBankユーザーの資金は本来ロックされていないはずで、MunicsBank で利用できるはずのショッピングサイトの利用も出来なくなっているのは契約違反であるというのが Winsor Master立ち上げの理由ですが、救済と言いながらWinsor Masterの口座にMunicsBankに幽閉された資産以外に100USDを入金してアクティベーションしなくてはならず、MunicsBank移行時に500USDも手数料を支払ったユーザーにさらに出費を強いる無いようになっています。

しかも、移行後Winsor Master で高配当を受けられたり自由に出金できる保証は全くない為、投資家は不安の残る決断を迫られています。


以下、過去の検証記事です。

 


自称CIFグループCEO ユーリンショウ(俞凌雄)

 

YouBankはカンボジア政府とパイプを持つCIFグループと提携している仮想通貨銀行だという触れ込みでしたが、2019年11月出金出来なくなり、2019年12月1日から、MumicsBankへ移行すると発表しました。

移行の理由はMumicsBankとの合併と発表されていますが、CIFグループと事業提携している仮想通貨銀行が数カ月で無名の配当付きウォレットMumicsBankと合併する理由がありません。CIFグループとの業務提携が嘘だった何よりの証拠ですね。

合併による移行が本当なら、ユーザーから移行手数料を500USDも取る理由が分かりません。YouBankが出金停止状態だったため、MumicsBankから出金するため支払ったユーザーも多かったようです。

しかし、出金に異常な時間がかかったり、メンテナンス中を理由に出金出来ないトラブルが頻発しています。


MumicsBankは、2,800万人のユーザー数を数える「Monspace」社のアプリで、2000万人のユーザーがいるYouBankとの統合・合併により、MunicsBankアプリへYouBankユーザーは移行することになりました。

Monspace社はNasdaq上場企業だから安心というのがアフィリエイターの言い分ですが、同社のウェブサイトにはMumicsBankに関する記載が一切ありません。上場企業が他社と合併したらIRが出るはずですが…

MonspaceBankという事業は行っているようですが、事業内容にMumicsBankは含まれていないようです、これはYouBankがCIFグループと事業提携していると虚偽の説明を行っていたのと同じパターン=詐欺です。


Mumicsは現在メンテナンス中で出金出来ないようです。2019/1/15に重大発表があるという噂もありますが、このまま飛ぶのではないか?ともいわれています。

仮想通貨の鉄人は引き続きMumicsの動向を監視します。

YouBankが提携しているというCIFグループの公式サイトを見てみると、YouBankについては一切かかれていません。さらに、CIFグループもブロックチェーン事業を行っているようですが、

  • ・カンボジア汎用デジタル資産KHT(ステーブルコイン)
  • ・アセアン決済パブリックブロックチェーンASTC

という二つの仮想通貨(または暗号資産)が紹介されていますがYouBankについてはどこにも書かれていません。


YouBankとの提携は無く、YouBankをビジネス上取り扱ってもいない。ブロックチェーン関連事業は行っているが、別の仮想通貨を使っている。そのうち一つは1KHT = 1米ドルのステーブルコインという力の入れようです。

CIFグループには、YouBankなど必要ないのではないでしょうか?

CIFグループのサイトを見ると、YouBankのサイトには無かったカンボジアの不動段開発の文字がありますので、アフィリエイターは勝手に提携していることにしたCIFの事業を、YouBankも行っている事にしてしまったようです。

信じられない厚かましさですね。

YouBankは高利回りが自慢の案件(HYIP)ですが、CIFとの業務提携が嘘だった以上、利回りだけは本当という可能性は無く、全く儲からないと見た方がよいでしょう。

YouBankを扱っているアフィリエイターは、CIFグループのオーナーとして「ユーリンショウ(俞凌雄)」の名前を挙げています。

しかし、CIFグループの公式サイト上では

主席チェアマン James Robinson

CEO Adam Caleb

が紹介されていますが、俞凌雄の名前はどこにもありません。どう考えてもYouBankを扱っているアフィリエイターがCIFグループの名前を勝手に使って商売しているとしか思えません。

ここに至って、「YouBank」は何もかも嘘だらけ(FULL SCAM)のHYIP案件と断定しても良いでしょう。

恐らく、YouBankを扱っているアフィリエイターはCIF側の人間として。YouBankの運営側の人間としてユーリンショウ(俞凌雄)を登場させるつもりなのでしょう。提携しているのに全くCIF側から会議やイベントに出席者がいないと不自然ですからね。

大企業との提携を偽装して、出資を集めたりマルチ商法の組織作りに利用しようとしたと思われます。

YouBankのアフィリエイト報酬は何段階にも支払われるマルチ商法特有の構造になっているため、組織作りは非常に重要なファクターです。勝手にCIFの名前を使って権威付けをして養分になる子ネズミを集めようとしたというのが事の真相でしょう。

大手企業との提携を偽装するのはSCAMの常とう手段ですが、調べればすぐばれるのに何故やるのでしょうか?

 

YouBankを勧誘するアフィリエイター

プラストークンwotokenの出金トラブル以降注目を集める、配当型ウォレットアプリのHYIP案件でしたが、
あっさりMunicsBankへの移行を発表して事実上破綻。移行先のMumicsBankも出金トラブル発生…

YouBankも何もかも全部ウソ(FULL SCAM) HYIP案件でした。

口コミ評価分布

2.33 6件
非常に良い
33%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
67%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(6)

匿名
匿名

詐欺?


ウィンザーマスターが6/10に30日後に香港撤退とか書いてた奴はガチなの?撤退したら今までの投資はどうなるの?

匿名
匿名

株式への交換


YouBankユーザーとしてはMunicsの買収だか合併だか知らないが、そんなもの望んでいない。中国当局の規制とか言ってるけど、中国の規制が無くてもMunicsから出金できないのだから同じ事だし。Municsの株式も別に欲しくないのでストレートにYouBankに入っていた仮想通貨を出金させて欲しい。新たに始まったWINSORMASTERも同じで、今度こそ出金できるかと思えばYouBank時代の資金はWINSORMASTERから出金できない。口座をアクティブにするため100ドル払ったのに出金できないのは詐欺だ。Municsの時も500USD支払って移行している。仏の顔も三度、もう赦さないぞ。

匿名
匿名

iPhoneアプリ復活


iPhone版のアプリのアップデート終了で、もう出金できるはず。今日から香港で新年総会が行われているよ。

匿名
匿名

YouBank


YouBankはすぐにアプリが落ちる。アプリをiPhoneから削除して再インストールすると治るがしばらくすると落ちるようになる。

トンビ
トンビ

YouBank最高!


誰だよ、YouBankまで出金できないとかデマ飛ばしてる奴は!!普通の出金できるじゃねーか!プラストークンが飛んでからウォレット業界めちゃくちゃだな。人をけなしてダウン作っても長続きしねーよ!

名無しの鉄人
名無しの鉄人

アップがすべて


YouBankはアフィリエイトというよりマルチ商法なのでアップが全て。アップも自分の売り上げになるからダウンを徹底的に洗脳する。YouBankの商品説明が公式サイトにないのは、それが公式の仕事じゃなくてアフィリエイターの仕事だから。

トップへ戻る