SKYTEXウォレットとは?

リブラに出資?

ポンジスキーム確定

ここがポイント

  • CEOのIvanはSblockを追放?
  • Sblock同様マルチ商法
  • リブラに投資とか嘘が下手すぎる

目次

飛んでも飛んでも新しく現れるSCAM臭いHYIP案件、SCAMじゃないHYIP案件は無いのでしょうか?

SKYTEXは今一番危険なジャンル、配当付きウォレットのHYIP案件です。

SKYTEXウォレットはSBLOCK前CEOの Ivan Bolonikhin(イワン・ボロニキン)が運営する配当付きウォレット。記事作成時点(2019/10/16)ではiPhone用のアプリは公開されておらず、androidのみ利用可能です。

iPhone版が度々不具合を起こすSblockの悪癖を継承しているようですね、もしかしたら技術的には全く同じである可能性もあります。

2017年カナダに設立されたTRANDBERG INVEST(cryptofund)のプロジェクトという事ですが、TRANDBERG INVESTが法人なのか何なのか、調べても全く出てきません。

日本人向け資料のPDFを入手しましたが、運営者について全く書かれていなかったので飛ぶ前提で身元を隠したい人たちがやってるプロジェクトとみて間違いないでしょう。

マルチのアップ達は「SBlockの Ivan Bolonikhin(イワン・ボロニキン)が運営」という事を盛んにアピールしていますが、資料には Ivan の名前はもちろんTRANDBERG INVESTのボードメンバーの名前も一切記載されていません。

どこの誰がやってるのか分からないHYIP案件に投資するようなご時世じゃないでしょうに…

ちなみにIvanがSBLOCKをやめた理由は、SBLOCKの発表では現CEOのPeterの方がAIトレードやブロックチェーン技術に長けているので社長交代して、IvanはCEOを退任したけどSBLOCKに残るという様な事を言っていましたが、実際はIVANがSBLOCKの資金を不正に流用した為追放され、Ivanにチーム数人が付いていったというのが定説になっています。

SKYTEXウォレットは月利8~17%というHYIP案件で、配当はSKXトークンで支払われます。
保有手数料 2%がかかりますが、引き出し手数料はありません。最初の30日間の引き出しのみ、手数料は4%だそうです。

資料によるとユーザーは、暗号資産市場で自動化されたトレーディングボットから受動的収入を受け取ることが出来るそうです。SKYTEXウォレットに高配当の源になる利益をSKYTEXはどこから得ているのかというと、

・アービトラージ取引
・レバレッジ機能のある取引所に投資
・ベンチャーキャピタル投資

の3種類の投資を挙げています。

 

 

資料にはベンチャーキャピタル投資の投資先として「リブラ」を挙げています。

リブラは言うまでも無くフェイスブックの仮想通貨、しかし、リブラに出資できるのはリブラ協会の強化委員になった企業のみで、会員企業名は公開されています。2019/10/15現在の参加企業は

Anchorage、Mercy Corps、Andreessen Horowitz、PayU、Bison Trails Co.、Ribbit Capital、Breakthrough Initiatives, L.P.、Spotify AB、Calibra, Inc.、Thrive Capital、Coinbase, Inc. 、Uber Technologies, Inc.、Creative Destruction Lab、Union Square Ventures、Farfetch UK Limited、Vodafone、liad、Women's World Banking、Kiva Microfunds、Xapo Holdings Limited 、Lyft, Inc.

上記の他に初期のホワイトペーパーに掲載されていた企業で離脱した企業もありますが、TRANDBERG INVESTの名前はありません。

まあ、リブラ協会に入れるのは超一流ばかりで、所在地も運営責任者も不明なTRANDBERG INVESTが参加できる可能性はゼロです。

出資していない企業に出資したというベンチャーキャピタルがあれば、それは詐欺です。この時点でSKYTEXウォレットはSCAMであると断定できます。

SKYTEXウォレットは月利8~17%という超高利回りに加えて、紹介料収入を受け取ることが出来ます。

紹介料はSBLOCK同様、階層的に支払われるMLM(マルチレベルマーケティング=マルチ商法)の仕組みを取り入れています。紹介料制度はアフィリエイトプログラムと呼ばれ、アフィリエイトプログラムへの参加には$250以上の保有が必要になります。

個人招待のボーナスは、個人的に招待されたパートナー投資者(被招待者)の収入の100%を招待者が受け取れるそうです。これが本当ならSKYTEXウォレットは月利8~17%どころか16~34%の配当を用意しなくてはいけません。

更にチームボーナスもあり、レベル2~10でチームの収入の10%を受け取ります。レベルとは紹介者と被紹介者という横のつながりに加えて被紹介者が紹介した新たな会員、その新会員が紹介した…という具合の下に伸びていく組織です。最初の会員は横と下からアフィリエイト報酬が得られますが、ただでさえ配当報酬が高いHYIP案件ですから、配当と同額のアフィリエイト報酬支払うだけでなく、10階層まで下に伸びていくグループすべてにアフィリエイト報酬を支払えばSKYTEXウォレットに全く利益が残らない事は容易に想像がつきます。

これはSKYTEXウォレットやSBLOCKに限らず、すべての高配当付きウォレットに言える事ですが、実際の運用で高配当を出せないので新会員の投資資金を投資に回さず、既存会員への紹介料に諸費されてしまう自転車操業詐欺=ポンジスキームで運営されている事は間違いありません。リブラに投資しているという下手な嘘で、SKYTEXウォレットの場合が投資なんてやっておらずポンジスキームである事は間違いないでしょう。

ポンジスキームでも紹介料が出ている間は儲かるからいいという人も居ますが、最近はHYIPが登場から配当が止まったり出金出来なくなった利するまでの期間が短く、儲かってから逃げるという事が困難になっています。

 

 


スタバでも使える?

 

 

SCAM得ある事は間違いなく、利益を取って逃げるのは困難でしょう。

口コミ評価分布

1.00 1件
非常に良い
0%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
100%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(1)

匿名
匿名

イワン


これ本当にイワンがやってるの?SBlockが飛んだも同然の状態だから、イワンがらみって宣伝しない方が良い気がする。まあ、近いうちにこれもSBlockみたいになるよ。

トップへ戻る