金子勇は犯罪者?

給料未払い発覚

中国人は採用しません宣言

ここがポイント

  • 金子勇(最高裁無罪)を犯罪者と断言!
  • 無能さに加えて給料未払いも発覚!
  • 2020/1/15 東大を懲戒解雇←New!

目次

【2020/1/15 追記】

数々の問題発言でTwitterを炎上させてきた 大澤昇平東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)が、ようやく東大をクビになりました。

Twitterでの数々の炎上芸のうち、以下の5点が問題視されたものです。

(1) 国籍又は民族を理由とする差別的な投稿
(2) 本学大学院情報学環に設置されたアジア情報社会コースが反日勢力に支配されているかのような印象を与え、社会的評価を低下させる投稿
(3) 本学東洋文化研究所が特定の国の支配下にあるかのような印象を与え、社会的評価を低下させる投稿
(4) 元本学特任教員を根拠なく誹謗・中傷する投稿
(5) 本学大学院情報学環に所属する教員の人格権を侵害する投稿

本人は処分は不当だと言っていますが、クビになったんだから、納得できなくても理解できなくても関係ないですね。(4)は故・金子勇氏の事ですね。どちらかと言えば人種差別より東大内部批判の方がボリュームあるような気もしますが、すべて身から出た錆なので問題ないでしょう。普通、自分のバイト先の正社員をぼろくそにTwitterでdisったらクビになるに決まってます。

それにしても

処分は不当だ。 日本の AI 技術の発展を軽んじ、アジア諸国の多様性を重んじた東大の対応は明らかに間違っている。

というTweetは処分は「アジア諸国の多様性を重んじ」ることが悪のように読めるのですが、まだ炎上させたり無いのでしょうか(笑)あと「日本の AI 技術の発展を軽んじ」って言ってますが、炎上前から寄付講座は機能していなくて、自身の論文もほぼ引用されない、AI業界では空気みたいな存在だったんですよね、大澤昇平「」東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)は(わら)


なぜ大澤昇平東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)がクビになったのかは以下の検証記事をご確認ください。


大澤昇平、金子勇(最高裁無罪)を犯罪者と断言

 

大澤昇平は東京大学の最年少(自称)准教授であることが自慢の(自称)エンジニアで、ブロックチェーン関連企業「株式会社Daisy」のCEOです。求人SNSウォンテッドリーには以下のようなプロフィールが書かれています。

東京大学松尾研究室 特任助教 (兼任)
2015年に松尾研究室にて博士号取得。

Deep learning, Blockchainに関する技術専門家。

博士号取得後、IBM基礎研究所に就職、Hyperledgerの開
発を担当。社長賞最年少受賞。国際学会における技術論
文優秀賞受賞暦数回。Daisyの基盤である報酬系アルゴリ
ズムを2015年より研究している。

これだけ読むとマトモそうなのですが、Twitterで数々の問題発言を繰り返す炎上商法の達人です。イケハヤと同類っぽいのですが、著書があるものの情報商材は販売しておらず、ブロックチェーン関連企業を経営しているので【仮想通貨の鉄人】が検証します。


大澤昇平はブロックチェーン関連企業を経営しているので、ネットリテラシーは当然高いだろうと思われましたが、信頼できるサイトの見分け方として 「ブラウザで鍵マークがつき、緑色の表示がされたサイトは90%安全」という趣旨の発言をして批判を浴びました。フィッシングサイトの100%が「ブラウザで鍵マークがつき、緑色の表示がされ」ていることから、信頼できるサイトの見分け方としてそこを見るべきではないからでした。

大澤昇平としては90%安全と言っていて100%とは言っていないから間違えていないという主張でしたが、どう考えても見るべき場所を間違えているわけで、「大澤昇平ってネットリテラシー低くね?」という印象を仮想通貨業界界隈に広めました。


次に大澤昇平が注目を集めたのが、Winny開発者の故・金子勇を「俺があるって言ったらあるし俺が犯罪者って言ったら金子勇は犯罪者です」と、最高裁まで戦いぬいて無罪を勝ち取った金子勇を犯罪者と断定。根拠は俺が行ったからというトンデモぶりもさることながら、「金子勇を犯罪者扱いする大澤昇平って何も研究してねーだろ」という印象を仮想通貨業界に広めました。

(注)Winnyはピアツーピア技術を使ったファイル共有ソフトで悪用した著作権侵害事件が多発したため金子は幇助の罪で起訴されました。この裁判は最高裁までもつれ込み金子勇は無罪を勝ち取っています。もし、この裁判で有罪が確定してしまうと、開発した技術を悪用された研究者はすべて幇助の罪に問われてしまうため、日本では新しい技術開発が出来なくなる可能性がありました。Winny利用の良しあしは別として研究者であれば金子勇を犯罪者扱いすることはありえません。

さらに大澤昇平は金子勇が犯罪者であるという理由を以下のように述べています。

『私が関係筋から聞いた話によると、金子勇のWinny開発には中国共産党が関与している。 中国当局はその後、情報暴露型のワーム(Antinny/キンタマウイルス)を日本に蔓延させ、自衛隊の軍事機密をWinny経由で大量に流出させることに成功した。 これは国家レベルのスパイ活動であり、サイバー犯罪である。』

これは聞いた話というだけで証拠ゼロです。この話を信用するしないは別としてTwitterで公衆の面前にさらす事で自分がどう評価されるのかとか、考えないんでしょうか?


そういった下地がある前提で、当、大澤昇平東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)事件の検証記事を読んでいただけると「なぜ大澤昇平ってTwitter民からここまで嫌われてるの?」という事が分かると思います。

 

鍵マーク事件も金子勇事件も炎上とまではいかず、せいぜい「大澤昇平って東大最年少准教授の肩書だけが自慢のイタい奴」という評判を広める程度でしたが、思わぬ副産物が生まれました。

どうやら大澤昇平は複数の給料未払いがあるようなのです。

『最年少准教授の大澤昇平先生が炎上しようがしまいがどうでも良いんだが、早く未払いの給料を払ってほしい』
『文句があるなら保身の為にICOにストップをかけた松尾先生とその部下の中山さんに言ってください。』

松尾先生というのは東京大学松尾研究室の松尾豊教授のことでしょう。恐らく大澤昇平は東京大学松尾研究室在籍時に仮想通貨を発行しICOしようとしたところを松尾教授に止められしまい、スタッフ全員の給料を払えなくなった過去があるようです。人のせいにしてますが、自分の研究室じゃないんだから事前に教授の許可取ればよかったのでは?

松尾研究室の重要なミッションの一つは,ベンチャー起業を排出し、新技術を社会に還元することで、新しい産業のエコシステムを作り上げることです。学生・教員・スタッフ問わず、起業することを推奨・支援しており、過去には,研究室の教員・スタッフや学生達が起業に関わったベンチャー企業がいくつも社会に排出されています。

松尾研究室はベンチャー企業を輩出し新技術を社会に還元することを重要なミッションの一つとしていて、サイトには輩出したベンチャー企業の名前がいくつか挙げられています。グノシーのように一般にもなじみの深い企業もある中、大澤昇平の 株式会社Daisyの名前はありませんでした。


大澤昇平はブックマーク連携型検索エンジン「netPlant」で経産省の未踏ソフトウェア創造事業に採択され、2007年にスーパークリエーターの認定を受けています。

未踏プロジェクトといえば、あのNAMコインの中野哲平も未踏IT人材発掘・育成事業に「日本の医療を救う電子カルテ検索システムの開発」で2016年度採択されています。

未踏プロジェクトは「アレ」な人物しか選ばれないのでしょうか?


ついでに、未払い食らっているTwitterアカウントが暴露してますが、大澤昇平はパクリ論文をAIでチェックすることを勧めるツイートをした数日後、自分がプログラムによるチェックに引っかかるという奇跡のブーメランを見せています。

大澤昇平は一体どれだけ笑いを届けてくれるのでしょうか?

大澤昇平は、次々問題発言で物議を醸しだす一方で、新潮新書から出版したAI救国論の宣伝の為、さらには右舷をエスカレートさせ、とうとうヘイト発言に踏み切ります。越えてはいけない一線を越えたのです。 

「弊社 Daisy では中国人は採用しません」
「中国人のパフォーマンス低いので営利企業じゃ使えないっすね」
「そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします」
「だったら告訴してみろよ勘違いビジネスマン笑笑 無能を採用する方が業績悪化のリスク高まるんだっつーの」

見事なまでの差別発言。まあ、どう思おうと勝手ですが企業の経営者がこの手の発言をしたらどうなるかまでは考えなかったようです。

Twitter民はこういう時、直接大澤昇平や株式会社Daisyを攻撃しません。東京大学での大澤昇平の講義が「大学院情報学環情報経済AIソリューション寄付講座」という企業からの寄付講座だとわかると、スポンサー企業に対する攻撃を開始したのです。

常識的に大学や企業が「ヘイト発言を容認するのか?」と問われればYESというわけがありません。

東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 は、学環・学府特任准教授の不適切な書き込みに関する見解を発表、大澤昇平が普通の准教授ではなく、特任准教授特定短時間勤務有期雇用教職員といういわばパートタイマーで東大の正規の教員でないことを強調して、ヘイトスピーチを容認しない立場を表明しました。

大澤昇平にとって「最年少准教授」というのが自慢の種だったのに、東大が「特定短時間勤務有期雇用教職員」というパワーワードで権威を全否定したため、「大澤昇平ってバイト教員だったの?」という認識が広まり、この事件は「東大バイトテロ」と名付けられました。

マネックス、オークファン、大広といったスポンサー企業もヘイトスピーチを容認しない立場を表明するとともに寄付の打ち切りを表明しました。

大澤昇平の株式会社Daisyの株主であるリミックスポイントもヘイトスピーチを容認しない立場を表明、今回の件に関しては、改めて代表者から意見を聴取し、事情を調査・確認したうえで、当社としての対応を図るとしています。

さらに大澤昇平の経営する株式会社Daisyとの業務提携解消に踏み切る企業も現れ、炎上商法で本が売れるどころか自分の会社の経営危機にまで発展しています。

ってゆーか、大澤昇平ってバカじゃね?本当に炎上商法のつもりだったの?と思うでしょうが、本当です。大澤昇平の言葉を借りると

「まあ実際に上級国民ですからね。しょうがないですね」

東京大学の伊東乾准教授は『東大に所属する若い教員がヘイト書き込みをしているという話は、しばらく前から耳にしていました。しかし、それが、私の所属する「大学院情報学環」で問題になっている、手がつけられなくなって困っている特任の若者の件と同じであるとは認識していませんでした。』と発言していて、大澤昇平は東大内部でもガンだったようです。伊東教授によると、大澤昇平の講座は現在、実質的に活動を停止している状態にあるそうです。

こいつ何にもやってねーw

株主や業務提携先に通報されたら会社が傾くこと位予想できなかったのでしょうか?

炎上商法を気取って「弊社 Daisyでは中国人は採用しません」とヘイトスピーチをしたものの、想像以上に燃えてしまい「スポンサーに逃げられ東大准教授の肩書を無くしそう」になった大澤昇平は、「東大は関係ないから文句は株式会社Daisyの株主であるリミックスポイントに言えば?」と開き直ったところ「自分の会社の株主も激怒してる」という状態に陥りました。

そもそも自分の本を売るための炎上商法で、自分で火をつけため火消しをする方法がありません。レペゼン地球のDJ社長みたいなもんですね。

リミックスポイントへの苦情を誘導するTweetを固定していた大澤昇平でしたが、これ以上リミックスポイントへの苦情が殺到したら東大を首になるだけでなく自分の会社まで潰れると危機感を持ったのでしょう、固定ツイートを差し替えます。

しかし、その内容も「トンデモ」で、今回の炎上騒動の黒幕は「シバキ隊」だからなと、責任転嫁を開始しました。シバキ隊とは日本の市民活動団体で右派系市民団体を「レイシスト」と断じて過激に戦ってる団体です。よりにもよって、そっちに喧嘩を売りますか(笑)

大澤昇平は金子勇を犯罪者扱いするなかでWinny開発には中国共産党が関与しているとか、自衛隊の軍事機密をWinny経由で大量に流出させることに成功したとか、なかなか香ばしい持論を展開していましたが、また飛び出した陰謀論にあきれてものも言えません。

 

さらに大澤昇平は、『あと色々誤解があるようだが、俺にはもともと中国人への差別意識はなく、レイシストでもなければ、ヘイトスピーチを行った事実もない。うちの採用方針はあくまでAIの分析により得られた「区別」であって、差別じゃない。国内外の報道は、シバキ隊によって演出された、単なる「フェイクニュース」だ。』

と、差別発言はしていないとまで言い出す始末。『弊社 Daisyでは中国人は採用しません』って発言、永遠に消えないと思いますが(笑)『うちの採用方針はあくまでAIの分析により得られた「区別」であって、差別じゃない。』という発言から、「何が差別に当たり何が差別に当たらないのか?」というレベルで問題の本質が分かっていないようです。

「バカは自分がバカで有る事が分からないほどバカ」と言いますが、大澤昇平にぴったりの言葉ですね。大澤昇平の仕事の出来なさ、一般教養や常識の欠如はズバ抜けたものがあり、まだまだ我々ウォッチャーを楽しませてくれそうです。

 

そんな大澤昇平東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)を擁護する声ももちろんあります。

しかし、それらの多くは大澤昇平の発言に乗っかって自説を広めようとする炎上商法毛の便乗商法で、大澤昇平と株式会社Daisyの未来など一顧だにしないものです。

 

 

批判するTwitterアカウントは全て下級国民のパヨクという痛い抵抗を試みる、大澤昇平東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)上級国民(笑)

絶対謝らないマン大澤昇平に代わって、伊東乾東大准教授が謝罪文を発表したところ、エンジニアに対するヘイトスピーチと批判するなど、大澤節はとどまるところを知りません。Winny開発者の故・金子勇を犯罪者と断定してエンジニアに対するヘイトスピーチを行った大澤昇平に特大ブーメランが刺さってるとしか思えないのですが。


株主、業務提携先からの批判に加え、絶対に大澤昇平のTweetには干渉しないと言い切っていた東大も調査委員会の設置を発表。大澤昇平のアイデンティティのすべてと言える東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)という肩書の危機が訪れます。もし、この肩書を失うようなことがあれば、大澤昇平の上級国民としての地位も失われるのです。

大澤昇平はここで遂に、形だけの謝罪で幕引きを図りますが、あまりにも遅い決断でした。

しかも『一連のツイートの中で当職が言及した、特定国籍の人々の能力に関する当社の判断は、限られたデータにAIが適合し過ぎた結果である「過学習」によるものです。』と、自らの責任は否定し全てAIの「過学習」が招いた結果であるとしました。

これではAI救国論どころかAIは人種差別を助長し国が傾く原因になりかねないと思うのですが、大澤昇平はAIの専門家としてどう考えるのでしょうか?

当然この発言は「謝罪になっていない」と批判を集めています。

いずれ、東大の調査委員会による報告で大澤昇平東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)への処遇が決められると思われますが、東大側からの処遇にかかわらずスポンサー企業3社が寄付を取りやめてしまっている為、寄付講座は閉じる可能性が高く、大澤昇平はそのポストを失う可能性が高いです。

大澤昇平の研究は人種差別するAIを開発してしまう事が明らかになり、大澤昇平の講座に寄付する企業は今度出てこないでしょうから、東大としては大澤昇平を雇う理由はありません。

大澤昇平はがCEOを務める株式会社Daisyも業務提携先からは逃げられ、代わりの企業が業務提携に応じてもらえるのか微妙な情勢です。株主からは怒られ、資金援助が受けられる可能性は低いと思われます。大澤昇平は気づいていないようですが、経営危機に陥っていると言っても過言ではないでしょう。

 


自らの責任は否定し、全ての責任をAIの「過学習」の押し付けた大澤昇平に批判が集まり、「そもそも大澤昇平は過学習の意味が分かっていないのでは?」という、大澤昇平AI素人説まで飛び出すに至って、大澤昇平も反撃に移ります。

まず、Twitterの固定ツイートに「サルにもわかるディープラーニング入門」という動画を引用して「過学習が分からない人向けの説明です。」と煽ります。

どこまでも斜め上を行く大澤昇平、議論がかみ合った試しがないのですが「東京大学大学院情報学環情報経済AIソリューション寄付講座」では一方的にしゃべるだけだったのでしょうか?


週刊文春WEBに評論家・著述家の古谷経衡(ふるやつねひら)が、《東大特任准教授ヘイト炎上》「30代アカデミック男性はなぜイキるのか」という論評を発表すると、炎上商法大好きなくせに煽り耐性ゼロの大澤昇平は脊椎反社で「お前はその下痢便ぶちまけたみてーな髪型どうにかしようぜ」と子供の喧嘩レベルの反撃。

まあ、古谷経衡のルックスがどう見ても「イキってる30代アカデミック男性」にしか見えないので「お前が言うな」と言いたくなる気持ちはわかりますし、髪型も全然にあってないので一言いいたくなる気持ちはわかりますが、記事の内容についての反論は一切なく感情的に煽る事しか出来ないところが大澤昇平らしいですね。

ちなみに、古谷経衡は上級国民である大澤昇平東大最年少准教授(特定短時間勤務有期雇用教職員)を評して「どこにでもいる平均的なネット右翼」とバッサリやっています。まあ、その通りだと思います。

さらに、炎上商法を仕掛けてまで売りたかった『AI救国論』(新潮新書)は自分自慢のナルシズムが1/3を占める支離滅裂な内容と断じ、謝罪文も、都合の悪いことが起こるとAIのせいにする支離滅裂な雑文で見るべきところは何も無い、と手厳しく批判。流石にすべて本当の事なので大澤昇平も反論できなかったようです。

無能なのにナルシストでトラブルメーカーの大澤昇平は、これからも私たちを楽しませてくれるでしょう。

口コミ評価分布

0.00 0件
非常に良い
0%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
0%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(0)

トップへ戻る