非常に良い

マイニングエクスプレス、独自通貨EEXコイン暴落の危機!出金停止か?


5 1件
| マイニングエクスプレス| |

EEXコイン暴落!

報酬の支払いがEEXコインへ変更!

カルロスフジヤマ

ここがポイント

  • 詐欺案件 D9 クラブとの濃厚な関係!
  • 元々ポンジスキームの疑い濃厚!
  • 独自通貨EEXコイン登場で換金性に不安が…

目次

マイニングエクスプレスは逮捕者を出したビットクラブを思わせるマイニング系HYIP案件です。

・創業者カルロスフジヤマは逮捕者を出した D9クラブのマーケティングディレクターだった。
・イーサリアムをマイニングしてるのに報酬はビットコイン、イーサリアムをビットコインに交換している形跡が無い。
 

という事で『ポンジスキームではないか?』と評判でした。

さらに、2020年1月11日からマイニング報酬がビットコインではなくEEXコインで支払われるようになり、「そろそろ飛ぶのか」と評判になりました。

HYIP案件で独自通貨が出てくると、報酬の支払いに困り始めた証拠。独自通貨なら原価ゼロみたいなものなので、いくらばらまいても懐は痛みませんからね。


2020年2月16日、そのEEXコインが前日比でー97%も暴落したというTweetが話題になりました、EEXはスイスの仮想通貨取引所P2PB2Bに上場していますが、価値が一気に10分の1になればマイニング報酬も10分の1、これは一大事です。

価格は数時間後にー23%位まで戻したようですが、それでも大暴落には変わりません。EEXコインの価値の不安定さは今後投資家の不安材料となりそうです。

HYIP案件が配当を支払っていた独自通貨が送金も交換も出来なくなるトラブル(いわゆる幽閉)は後を絶ちませんし、出金出来ても手数料が以上に高かったり独自通貨の価値が暴落していたりして、結果的に入金額の100分の1や1000分の1に資産が減ってしまうというケースが後を絶ちません。

2020年1月のEEXコイン登場がマイニングシティ崩壊の前兆でなければ良いのですが。


【関連記事】
SBlock(エスブロック)SBOをWBFに上場したSBCに交換!

Blockeco(ブロックエコ)はグループ4社→全部嘘でした!マルチの香りのウォレット出金停止で逃亡!


以下、過去の検証記事です。

マイニング系HYIP案件マイニングエクスプレスが報酬の支払いをビットコインから独自通貨EEXコインに切り替えました。

HYIP案件で報酬の支払いを独自通貨に切り替えたり、独自通貨を上場させたりするのは破綻の前兆となるケースが多く、今後のマイニングエクスプレスの動向に注目です。

EEXコインの交換レートが暴落すれば、マイニングエクスプレスは投資家への支払金額を減らしたも同然、しかもEEXコインはマイニングエクスプレスの報酬支払以外に使われる事のない仮想通貨なので価格操作は簡単です。

マイニングエクスプレスとは、MLM(マルチレベルマーケティング)で拡散しているHYIP(高利回り投資)案件で、その名の通りアルトコインのプールマイニングを運営して、投資家に高いマイニング報酬と紹介料収入を出すと謳っています。マイニングエクスプレスの投資プランは$100~$20000の5種類で投資額に応じて、ハッシュレートが異なり配当利回りも変わるようですが、投資額が2倍になるとマイニング報酬は停止するそうです。

・$100      ビギナー
・$500      スタンダード
・$1.200    プロフェッショナル
・$5.000    エリート
・$20.000  マスター

マイニング報酬以外に以下のような、MLMならではの紹介報酬が出るようです。

・ダイレクトボーナス
・バイナリーボーナス
・キャリアプラン


日本でも大手企業が撤退するな仮想通貨マイニング業界は厳しい状況が続いています。マイニングエクスプレスが高いマイニング報酬に加えて紹介料まで支払える理由は、

・マイニングマシーンでマイニングできるアルトコインマイニングに特化している。
・電気代の安いウクライナでマイニングしている。

という2点を挙げています。しかし、このような施策はどこのマイニングプールでも行っているような当たり前の事であり、それでも利益が出ないから他社は苦しんでいると思うのですが…これだけで儲かるといわれても怪しいとしか思えないですよね。

「アルトコインをマイニングしているのに報酬の支払いがビットコインなのはおかしい」
「アルトコインをビットコインに交換している形跡がない」

という声もありポンジスキームの疑いが濃厚です。

 


更に気になる点は、マイニングエクスプレスの公式サイトで創業者として紹介されているカルロスが、逮捕者が続出した詐欺HYIP案件「D9クラブ」をマーケティングディレクターとして日本に持ち込んだ「カルロス・フジヤマ」と同一人物な点です。

D9クラブが破綻した際、返金を求められたD9クラブの日本リーダーの一人松本太陽が「カルロスがD9のデニーロ会長からビットコインを全部預かっているはずなのに、カルロスが持ち逃げした為支払えない」という趣旨の発言をして、D9破綻の全責任はカルロスにあると名指しして批判した人物。

どう考えても手出し無用の案件としか思えません。


マイニングエクスプレス創業者カルロス


D9時代のカルロス

 

【関連記事】
松本敏彦(太陽)。泉忠司共々逮捕なるか?D9ビットクラブ

ポンジスキームの疑い濃厚で創業者もヤバい筋の人物、手出し無用のHYIP案件です。

口コミ評価分布

5.00 1件
非常に良い
100%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
0%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(1)

ゆず
ゆず

配当し捨てる


ビットコインでの配当は 膨大な暗号通貨の貸し付けによる報酬 によって出していたそうです!

トップへ戻る