コインチェック事件で初の逮捕者!

北本雅己は大阪の会社役員

帯広記念病院の医師 土井隆義

ここがポイント

  • 580億円NEM流出事件で初の逮捕者
  • 土井隆義は帯広記念病院の医師!
  • 会社役員の北本雅己は反社か?

目次

2018年1月に仮想通貨取引所「コインチェック」から約580億円分の「NEM(ネム)」が流出した事件で、警視庁は2020年3月11日、流出したNEMと知りながらBTCなどとの交換に応じた、医師土井隆義(30)=北海道帯広市=、会社役員北本雅己(39)=大阪市浪速区=両容疑者を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕しました。

警視庁は捜査本部を設置し、最大約100人態勢でNEM流出事件を捜査していましたが、両容疑者が初の逮捕者となります。主犯ともいうべきNEM流出に関わったハッカーらについては、不正アクセス禁止法違反容疑などを視野に引き続き捜査を進めるとしています。

ネットでは流出(盗難)の主犯ではなく、主犯からNEMを買った雑魚の逮捕に「雑魚は良いから主犯を早く捕まえろ」という声もありましたが、雑魚とは言えNEMのみならずビットコインやアルトコインのほとんどの価格を大暴落させた共犯者ですから、捕まえられる者は全員捕まえて然るべき処罰を与えないと社会秩序が保てませんね。

 

世界経済に兆単位の損害を与えた凶悪犯、会社役員 北本雅己(39)=大阪市浪速区=とは、いったいどのような人物なのでしょうか?

会社役員という物の、ネットで調べていても該当する会社名などが全く分からず、SNSも本名では使っていなかったようで顔写真などは一切出回っていません。

2001年の篩ネット掲示板のキャプチャー画像で同姓同名の人物の悪行が晒されていますが、同一人物かどうかわかりません。

あまりに情報が無いので反社会的勢力に属する人物である可能性もあると思われます。

 

もう一人の凶悪犯、医師の土井隆義(30)=北海道帯広市=は「お話しできません」と供述しているそうです。犯人逮捕に協力して点数を稼ごうとか思わないのでしょうか?

ちなみに、氏名から土井隆義の勤務先は帯広記念病院と特定されました。よりにもよってコロナウィルスで北海道が大変な事になってる時に逮捕されるとは、本当に世の中のためにならない男ですね。

NEM流出事件という呼び方が一般的なので記事でもこの呼称を用いていますが、疑う余地がない盗難事件なので犯人からNEMを買い、そのNEMを売って利益を得れば犯罪収益収受という立派な犯罪です。

ところが、事件当時結構犯人からNEMを買う行為を禁忌としない人たちが多数いてBlockchain上にバッチリ証拠も残っています。この二人以外にも逮捕者は増える可能性は高く、そうして外堀が埋まっていくと主犯格のブラックハッカーにたどり着くのかもしれません。

口コミ評価分布

3.00 5件
非常に良い
20%
良い
20%
普通
20%
悪い
20%
非常に悪い
20%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(5)

匿名
匿名

死刑キボンヌ


土井北本に死を!

匿名
匿名

会社役員北本雅己


エゴサーチしても何も出てこない会社役員って何者?

匿名
匿名

土井隆義を吊るせ!


供述を拒否している土屋は麻酔無しでロボトミー手術すればペラペラしゃべりだすよ。

匿名
匿名

帯広記念病院の医師 土井隆義


土井は東大卒でコソ泥かよ、クソだな。死刑で良いよ死刑で。

匿名
匿名

警視庁よくやった!


こいつら盗品を売りさばいた共犯者だからキッチリ落とし前つけさせるべき。北本容疑者は当時のレートで二十数億円相当のネムを取得したとみられているから、二十数億円相当の利益に対する税金も払わせようぜ。土屋容疑者も同じくらい買ってるだろう。

トップへ戻る