非常に良い

小平つかさの「AXEコイン」価格20分の1超絶ICO割れに「予想通り」「上場しただけえらい」と温かい声


5 1件
| 小平つかさの「AXEコイン」価格20分の1超絶ICO割れに「予想通り」「上場しただけえらい」と温かい声| |

ここがポイント

  • 運営団体のサイトは既に閉鎖されている。
  • 小平つかさは情報商材業界の古株。
  • プレセール価格の20分の1という大幅ICO割れ

目次

『人道支援で地球を救い、参加者に莫大な富をもたらすICOの最終プレセールに参加できるプロジェクト』が「AXEプロジェクト」だそうです。

キャッチフレーズは「ONE TOKEN FOR ONE SMILE ~あなたのトークンがあの子の笑顔を~」。

この様に社会福祉とか人道援助を謳う仮想通貨は非常に多いのですが、殆どが詐欺です

「AXEプロジェクト」が詐欺かどうか現時点では定かではありませんが、そう思う人は多いようで、「AXEプロジェクト」が発行する仮想通貨「AXEコイン」は、上場と同時に大暴落してしまい、価格はプレセール価格の20分の1にまで下落してしまっています。

 

 

 

プロジェクト主催者は小平つかさ(下図右)。高橋幸喜(写真右)はAXEプロジェクトを推進するSEFICO財団の唯一の日本人理事だそうです。

小平つかさ氏は仮想通貨のエキスパートとしてこのプロジェクトに参画したそうですが、自称フェイスブックの女王で、FXやバイナリーオプションの情報商材を販売している情報販売業界の古株。仮想通貨のエキスパートとは初耳です。

高橋幸喜のSEFICO財団はドバイを拠点に活動し、ブロックチェーンによる支援を目的にした団体であると動画で説明しています。数多くの仮想通貨に携わった経験を活かした技術支援や、国連との提携を活かした人道支援など、国際的に活動しているそうです。

しかし、SEFICO財団のホームページ(https://sefico-foundation.com.)は作りかけみたいな状態で、そのサイトも、プロダクトローンチのキャンペーン期間終了と同時期に消えてしまいました。まるで『金が集まれば用はない』とでも言わんばかり。

大方の予想通り「AXEコイン」は上場後、ICO割れをするのですが、小平つかさはすぐさま「Empire Crypto Project」と題して仮想通貨アービトラージの情報商材を販売していますが、AXEコインの事は完全になかった事にされています。

これだけでも詐欺と断定してもよさそうですが、一応検証しましょう。

 

 

 

プロダクトローンチ開始直後からAXEコインはホワイトペーパーがカナダの「STKトークン」の丸パクリだったことがバレて炎上します。名前だけを変えて丸パクリで出そうとしたのですが1ヶ所名前を変え忘れていてバレたというお粗末さ。(その後ホワイトペーパーは修正)

 

ホワイトペーパーがパクリだった時点で詐欺確定ですが、維持になってキャンペーンは続き、オフラインセミナーで直接口説くというアナログな手法で集金したようです。

 

AXEコインは上場日を2018年7月30日から9月上旬に延期しました。上場する取引所などもわかっていません

情報商材販売業者の売るICOはICO割れが多いので注意。というか、買わないほうが良い。

口コミ評価分布

5.00 1件
非常に良い
100%
良い
0%
普通
0%
悪い
0%
非常に悪い
0%
他のユーザーにも意見を伝えましょう

ユーザーの口コミ(1)

情弱
情弱

このコイン


これは詐欺だったのですか?

トップへ戻る